トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 村上春樹 > ねじまき鳥クロニクル

ねじまき鳥クロニクル(村上春樹)

ねじまき鳥クロニクル(著者:村上春樹)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)
  • 著者:村上 春樹
  • ページ数:312
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4101001413
  • ISBN-13:9784101001418

村上春樹新刊

  • 発売日
    2019年6月14日
  • 書名
    運命の恋 恋愛小説傑作アンソロジー (角川文庫)
  • 発売日
    2019年4月25日
  • 書名
    文学2019
  • 発売日
    2019年3月28日
  • 書名
    騎士団長殺し 第2部: 遷ろうメタファー編(上) (新潮文庫)

ねじまき鳥クロニクル関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

村上春樹のその他受賞歴(候補含む)

ねじまき鳥クロニクル関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

RararaLeef@llDvkWJ1YjC4Ut7 @AkrSakr 似たような話を村上春樹 著「ねじまき鳥クロニクル」で読みました…巻末の参考文献が大量だったので、おそらく…事実を元にして作品を書いたのかと想像します
maneko02634681村上春樹のねじまき鳥クロニクル、もう何度も読んでいるけどその度あれこれ新しい発見がある。
hi_bananadesu僕はデッキチェアに腰かけたまま、猫の通り道に目をやり、娘が戻って来るのを待った。しかし十分が過ぎても、猫も娘も現れなかった。あたりには動くものひとつない。眠っていたあいだにひどく年を取ってしまったような気がした。村上春樹 「ねじまき鳥クロニクル」
liferens村上春樹の長編小説/主人公は岡田亨/クミコ、加納マルタ、間宮中尉/ノモンハン事件 → 『ねじまき鳥クロニクル 』
sakamoto_akrでも僕の声は暗闇の中で何かしら居心地の悪い響き方をした。ねじまき鳥クロニクル 第2部 予言する鳥編/村上春樹
fragments_botそうだ、人生の真の意義とはこの何十秒かだけ続く光の中に存在するのだ、ここで自分はこのまま死んでしまうべきなのだと私は思いました。(村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』)
ukarichuぼくの好きな村上春樹作品は……→ねじまき鳥クロニクル、世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド、象の消滅、パン屋再襲撃、納屋を焼く、TVピープル、中国行きのスロウ・ボート、4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)