トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 村上春樹 > ねじまき鳥クロニクル

ねじまき鳥クロニクル(村上春樹)

ねじまき鳥クロニクル(著者:村上春樹)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)
  • 著者:村上 春樹
  • ページ数:312
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4101001413
  • ISBN-13:9784101001418

村上春樹新刊

  • 発売日
    2019年12月1日
  • 書名
    みみずくは黄昏に飛びたつ―川上未映子 訊く/村上春樹 語る―(新潮文庫)
  • 発売日
    2019年11月28日
  • 書名
    みみずくは黄昏に飛びたつ: 川上未映子 訊く/村上春樹 語る (新潮文庫)

ねじまき鳥クロニクル関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

村上春樹のその他受賞歴(候補含む)

ねじまき鳥クロニクル関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

S2ndm村上春樹ねじまき鳥クロニクル予言する鳥編
snonpy1ヶ月程かけて手持ちの村上春樹作品を読み返しキャンペーン。読んだ当時の事や受けた衝撃を思い出しながら読み返すのだ。海辺のカフカ→世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド→1Q84→ねじまき鳥クロニクルときた。やっぱり海辺のカフカがダントツに好き。
f_2625「ねじまき鳥クロニクル」村上春樹「自分という人間は結局のところ何か外部の力によって定められて生きているのだ」ある指導者の言うことを信じるしかない状況に追い込まれた人々の歴史がある。自分の信じることは、決して他人に決めさせてはな… https://t.co/zxHR5AJquF
sunamajiri三島へのアンチテーゼ的な登場の仕方をした春樹、三島のような戯曲性があったとは(^-^)/  世界を驚かせた村上春樹の代表作 『ねじまき鳥クロニクル』いよいよ舞台化!! https://t.co/9XIgPeGcd0
emYoU4BPK11nVGnBy 村上春樹ねじまき鳥クロニクル
fragments_botそうだ、人生の真の意義とはこの何十秒かだけ続く光の中に存在するのだ、ここで自分はこのまま死んでしまうべきなのだと私は思いました。(村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』)
tuktukcafe続)『9人の翻訳家』ええー、実際にこんなふうに監禁状況で翻訳させるなんてことがあったのか。でもその作品に惚れ込んだ者同士の文学談義も熱い。村上春樹の『ねじまき鳥クロニクル』も最終刊がなかなか出なかったとき、その結末を予測する本が… https://t.co/uuZCySBeqh
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)