トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 村上春樹 > ねじまき鳥クロニクル

ねじまき鳥クロニクル(村上春樹)

ねじまき鳥クロニクル(著者:村上春樹)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)
  • 著者:村上 春樹
  • ページ数:312
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4101001413
  • ISBN-13:9784101001418

ねじまき鳥クロニクル関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

村上春樹のその他受賞歴(候補含む)

ねじまき鳥クロニクル関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

rikako_rikachan流れというものが出てくるのを待つのは辛いもんだ。しかし待たねばならんときには、待たねばならん。 ─村上春樹「ねじまき鳥クロニクル」◆辛くても、時期が来るのをじっと待たねばならない時があります。
sosaku_katakanaクロニクル……英語で「年代記」を表す言葉です。くるくるした感じがかわいい言葉ですね。文芸作品のタイトルで使用されている例だと、村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』があります。
unprecedentneckアルジャーノンに花束を/ダニエル・キイス海の仙人/絲山秋子神様のボート/江國香織季節の記憶/保坂和志ティファニーで朝食を/ T・カポーティテニスボーイの憂鬱/村上龍人間失格/太宰治ねじまき鳥クロニクル/村上春樹眠れ… https://t.co/wHgvxPTkcn
dokusyoiine『ねじまき鳥クロニクル』/ 村上春樹とにかく長い。でも読めちゃうのが村上さんのすごいところ。解釈や読み方は人それぞれだけど、悪がのさばるカオスな世界から秩序や光明を取り戻す「僕」のストーリーであると思った。脳の深層に迫… https://t.co/o400ZBEYR5
utatane1941「私が痛いというときは本当に痛いのよ。」(村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』)身体の痛みも心の痛みも本人にしかその痛みは分からない。時には本人にだって分からないこともある。だからこそ周りは簡単に分かったつもりにならず、分からなくてもせめて否定せず寄り添ってあげて欲しい。
sakakumo_boris村上春樹氏の小説『ねじまき鳥クロニクル』には「皮剥ぎボリス」というロシア将校が出てくるぞ。それはそれはとてつもなく残忍な奴だ。私とは似ても似つかないよ。
karinko_nara【読了】『ねじまき鳥クロニクル〈第2部〉予言する鳥編 (新潮文庫)』 村上春樹 https://t.co/NPIZ5lzhLA
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)