トップページ > 公募ではない賞一覧 > 本屋大賞 > 2011年−第8回 本屋大賞

本屋大賞

2011年−第8回 本屋大賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

本屋大賞(ほんやたいしょう)とは2004年に設立された、NPO法人・本屋大賞実行委員会が運営する文学賞である。
一般に、日本国内の文学賞は、主催が出版社であったり、選考委員が作家や文学者であることが多いが、本屋大賞は、「新刊を扱う書店(オンライン書店含む)の書店員」の投票によってノミネート作品および受賞作が決定される。

第8回—2011年

5位

6位

7位

8位

9位

10位

その他の回のデータ(全データ一括表示

本屋大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

本屋大賞関連つぶやき

marimoderatism1乱読派です。大衆娯楽から純文学、哲学書、参考書wまで。なんでも読みますよー 最近読んだ本屋大賞のは「そしてバトンは渡された」です。 #Peing #質問箱 https://t.co/M45ayZ1JVw
jDmHQCRkFdolRxa@0eb5yHcRWsq8EZi リプありがとうございます。難しいですね……周りに中高生も居らず、図書館に職場体験に来るような子だと本屋大賞とかは読んでるので、一般的な(というと変ですけど)読書が一番好きなわけじゃない子が何を読… https://t.co/hrYxBNxMIL
tabirun映画『ザリガニの鳴くところ』★★★★4.0点。 【テイラー・スウィフトの鳴るところ】2021年本屋大賞翻訳小説部門第1位受賞作の映画化。期… https://t.co/PKIeZLtlaP #Filmarks #映画
marubun_krd【書籍のご案内】人間の心の奥に潜むボーダー(境界)に迫る。佐々涼子 著 集英社『ボーダー 移民と難民』憧れの国にたどり着いた人たちを、私たちは、どう受け入れてきたのか。構想から10年。『エンド・オブ・ライフ… https://t.co/V6Vdvfm1UK
Ryoukent【【2021年本屋大賞 翻訳小説部門 第1位】ザリガニの鳴くところ/ディーリア・オーエンズ】を読みたい本に追加 → https://t.co/k2BLzR4s7D #bookmeter
ohno_hiroshi196【2021年本屋大賞 翻訳小説部門 第1位】ザリガニの鳴くところ https://t.co/FQKKFljDwZ @amazonより
sanyodoshidami『かがみの孤城』アニメ化記念ミラーカード
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)