トップページ > 公募ではない賞一覧 > 本屋大賞 > 2011年−第8回 本屋大賞

本屋大賞

2011年−第8回 本屋大賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

本屋大賞(ほんやたいしょう)とは2004年に設立された、NPO法人・本屋大賞実行委員会が運営する文学賞である。
一般に、日本国内の文学賞は、主催が出版社であったり、選考委員が作家や文学者であることが多いが、本屋大賞は、「新刊を扱う書店(オンライン書店含む)の書店員」の投票によってノミネート作品および受賞作が決定される。

第8回—2011年

5位

6位

7位

8位

9位

10位

その他の回のデータ(全データ一括表示

本屋大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.4.7 「2020年本屋大賞」決定!! 大賞は凪良ゆう『流浪の月』 全ノミネート作の順位を発表!

    全国の書店員が選ぶ、いま一番売りたい本を決める「本屋大賞2020」の受賞作が4月7日(火)決定した。

  • 2020.2.22 作家の読書道 第215回:相沢沙呼さん

    『medium 霊媒探偵城塚翡翠』が2019年末発表のミステリランキングで3冠を達成、今年は同作が2020年本屋大賞ノミネート、第41回吉川英治文学新人賞候補となり、さらに『小説の神様』(講談社タイガ)が映画化されるなど、話題を集める相沢沙呼さん。そんな相沢さんが高校生の時に読んで「自分も作家になりたい」と思った作品とは? 小説以外で影響を受けたものは? ペンネームの由来に至るまで、読書とその周辺をたっぷりおうかがいしました。

  • 2019.12.18 【今週はこれを読め! エンタメ編】音楽が聴こえてくるような短編集〜恩田陸『祝祭と予感』

    優れた音楽小説であり、さらに直木賞と本屋大賞の両方を受賞した『蜜蜂と遠雷』の愛読者にはたまらないファンブック的な要素も持ち合わせているのが本書。私にとっても『蜜蜂と遠雷』はその年に読んだ本のベストだったので(確か朝井リョウさんも同じ趣旨のことを語ってらして、意を強くしたものです)、『祝祭と予感』は期待を胸に読み始めたのだが、もう涙ものだった。

本屋大賞関連つぶやき

shumatsu_hisako最近生きるのが忙しくなってきてうれしい 半妖の夜叉姫も呪術廻戦も、ヒロアカのことも考えなくちゃだし書き溜めているnoteも。芥川賞も読んでないし、去年の本屋大賞もまだ。キム・ジヨンも未読だやばい 今日は雨が降ったけどパニックになら… https://t.co/pXDvd9QGyX
naohalt午後はずっとタカくんの店に居たんだけど最近オレもやっとKindleで読書始めてさ←遅?(´>∀<`)エヘヘタカくんが仕事してる店の片隅で、ずっとタブレットで読んでたのいろいろ本棚に入ってきてるんだけど今読んでるのは「蜜… https://t.co/w1SriYVXq9
book_beans2009年本屋大賞は『告白』 著/湊かなえ(双葉社)だったね。翌年に松たか子主演で映画化されて日本アカデミー賞とったよね。観たかったな・・・( ´•ω•`)2位は 『のぼうの城』 著/和田竜(小学館)、3位は 『ジョーカー・ゲーム』 著/柳広司(角川書店)だー。
taira19560530「#蜜蜂と遠雷(上)- #恩田陸」評価5知る人ぞ知る直木賞と本屋大賞受賞作品!芳ヶ江国際ピアノコンクールに集う精鋭たち。今は亡き天才ピアニストの申し子風間塵、甦る天才少女栄伝亜夜、大人の魅力高島明石、卓越した音楽性のスターマサ… https://t.co/E8Gr6ULkQb
chimiocchiiiii@______mim_____ 本屋で立ち読みしたからメンズ校ページは見てなかった❕凛とした佇まいにお花なんて合うでしかないから優勝だよね。゚(゚^o^゚)゚。
shodensha_news2019年本屋大賞第2位『ひと』から広がる新たな傑作!小野寺史宜氏の最新作『まち』の特設サイトがOPEN!特別書下ろし短編も読めます。本書とあわせてお楽しみください。https://t.co/rNZR78dH6n
yomuyomu_bookよむよむ坂戸入西店です。凪良ゆう先生「滅びの前のシャングリラ」サイン本入荷しております!本屋大賞受賞後の第一作。地球滅亡に瀕した人々の物語。サイン本はなくなり次第終了です。ぜひご来店くださいませ! https://t.co/kptxqefvOE
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)