トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 桜庭一樹 > 私の男

私の男(桜庭一樹)

私の男(著者:桜庭一樹)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:私の男
  • 著者:桜庭 一樹
  • ページ数:381
  • 出版社:文藝春秋
  • ISBN-10:4163264302
  • ISBN-13:9784163264301

私の男関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

桜庭一樹のその他受賞歴(候補含む)

私の男関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

arpege_dぼくらシリーズ/宗田理作パスワード探偵団シリーズ/松原秀行作綾崎隼モモ/ミヒャエル・エンデ作私の男/桜庭一樹作変身/フランツ・カフカ作百田尚樹おれは清麿/山本兼一#好きなタイトル・作者があればRT#RTした人で気になった人フォローする
_tataricus娘は、父の穢れた神だ......。(私の男/桜庭一樹)
pkcohinda【私の男 (文春文庫)/桜庭 一樹】を読んだ本に追加 → https://t.co/jLfFoWTpbo #bookmeter
intelli_mimic【ラ連】道尾秀介『月と蟹』/桜庭一樹『私の男』/東野圭吾『容疑者Xの献身』/宮部みゆき『理由』→直木賞
__nanten#名刺代わりの小説10江國詩織「すみれの砂糖漬け」長野まゆみ「少年アリス」京極夏彦「魍魎の匣」小野 不由美「ゴーストハント」桜庭 一樹「私の男」伊坂幸太郎「終末のフール」辻村 深月「凍りのくじら」宮木 あや子「官能… https://t.co/hAOokfjblR
beminhmimi1#読了#桜庭一樹 #私の男 #読書好きと繋がりたい登場人物の(作者の)ひりひりとした孤独に抉られる。結局花は被害者だ。9才から全て支配されたなら私の男になってしまうと思う。それでも初恋の人によく似た彼と結婚するあたりに健気さが垣間見え切なくなった。淳吾は宮本浩次がよかった。
Describegravity記憶の奥底に沈んでいる、かつて見慣れた夜の海のような、底のない、ものすごい暗さだった。さっきの待ち合わせ場所に、革靴を濡らしながらゆっくりと近づいてきた私の男のことを、また、考えた。自分を雨にさらしながら、一心に傘を差しだした淳悟。十五年間ずっと、彼はそうだった『私の男』桜庭一樹
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)