トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 桜庭一樹 > 私の男

私の男(桜庭一樹)

私の男(著者:桜庭一樹)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:私の男
  • 著者:桜庭 一樹
  • ページ数:381
  • 出版社:文藝春秋
  • ISBN-10:4163264302
  • ISBN-13:9784163264301

桜庭一樹新刊

  • 発売日
    2017年11月9日
  • 書名
    ほんとうの花を見せにきた (文春文庫)

私の男関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

桜庭一樹のその他受賞歴(候補含む)

私の男関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

arpege_dぼくらシリーズ/宗田理作パスワード探偵団シリーズ/松原秀行作綾崎隼モモ/ミヒャエル・エンデ作私の男/桜庭一樹作変身/フランツ・カフカ作百田尚樹おれは清麿/山本兼一#好きなタイトル・作者があればRT#RTした人で気になった人フォローする
_tataricus娘は、父の穢れた神だ......。(私の男/桜庭一樹)
phrase_fav「じゃ、毎日、いったいなにをしているんですか」「……毎日、後悔」(私の男/桜庭一樹)
intelli_mimic【ラ連】道尾秀介『月と蟹』/桜庭一樹『私の男』/東野圭吾『容疑者Xの献身』/宮部みゆき『理由』→直木賞
osamanbo@dscnt_ldy 暗いなwww 桜庭一樹「私の男」とかどうですか?
mhr_innermostこの削げた頬と気だるい目付きがいい。桜庭一樹の『私の男』で書かれてる“落ちぶれた貴族のように優雅で惨めな男”ってこんな顔付きのイメージだわ。
Kuzumochi19桜庭一樹『私の男』浅野忠信と二階堂ふみで映画化された禁忌の恋。「おとうさん」と娘・花の関係が様々な視点から述べられる。切れ目の少ない文章にひきずられるよう読み進めるほど時を遡り、最後まで読みきったとき、露わになった真実にぞっとしつつも恍惚とする。奇妙で壊れた男に育てられた女の話
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)