トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 桜庭一樹

桜庭一樹

桜庭一樹さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

桜庭 一樹(さくらば かずき、1971年7月26日 - )は、日本の作家、小説家。女性。島根県生まれ、鳥取県米子市出身。ゲームのノベライズやライトノベル、ジュブナイルなどの作品や、山田桜丸名義でゲームシナリオを数多く手がける。
2008年に『私の男』で直木賞を受賞した。他の作品に『GOSICK -ゴシック-』『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』『赤朽葉家の伝説』などがある。
=
鳥取県米子市出身)。
小説を書き始めたのは小学校4、5年生のときで、図書室でよく会う女の子がいて、仲良くなり、その子が小説みたいなものを書いていたので、「自分もやってみようかな」と小説の真似みたいなのをノートに書き出したのが最初である。
中高生時代は授業をさぼったり、塾をさぼったりして本を読んでいた。悩みは勉強ができなかったのと、勉強が嫌いだったことだった。鳥取県立米子東高等学校卒業。大学進学で東京にでる。また、本を読んだりバイトをしたりした。

桜庭一樹新刊

  • 発売日
    2019年5月24日
  • 書名
    小説という毒を浴びる 桜庭一樹書評集
  • 発売日
    2019年5月21日
  • 書名
    恋の絵本 (1) すきなひと
  • イラストレーター
    嶽 まいこ
  • 発売日
    2019年2月8日
  • 書名
    傷痕 (文春文庫)

受賞歴

桜庭一樹関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

桜庭一樹関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

bot_9836あたしが内心思っているのは、不幸をウリにするなんて下品だってこと。どんなうちだってたいへんなんだよ、もっと大人なろうよ、ってこと。不幸は、口に出したら自分の魂を汚してしまう気がするんだ。少女には向かない職業/桜庭一樹
arpege_dぼくらシリーズ/宗田理作パスワード探偵団シリーズ/松原秀行作綾崎隼モモ/ミヒャエル・エンデ作私の男/桜庭一樹作変身/フランツ・カフカ作百田尚樹おれは清麿/山本兼一#好きなタイトル・作者があればRT#RTした人で気になった人フォローする
imp_word抵抗して逃げるのではなくて、花名島の気が済んで、自然に手を止める時を待っているのだ。暴力にいつか終わりがあることを藻屑は知っている。そして終わらなければ死ぬだけだと達観――いや、あきらめているんだ。【砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない】桜庭一樹
kotorinotugumi@ookami24102 はじめまして。フォローしてくださって、ありがとうございます
amimohu #名刺がわりの小説10選 ・中村文則 銃・今村夏子 こちらあみ子・太宰治 人間失格・桐野夏生 グロテスク・太郎想史郎 トギオ・真梨幸子 殺人鬼フジコの衝動・西加奈子 漁港の肉子ちゃん・桜庭一樹 私の男・今村夏子… https://t.co/GHV04DtZJY
SoramafuRia桜庭一樹さんの『少女七竈と七人の可愛そうな大人』ってほんと西加奈子さんの『さくら』って本。どちらも家族を題材としてる本で全然違うけど読み終わったあとになんとも言えない感情になる。 #peing #質問箱 https://t.co/zNpzvrdn1k
goriiiiira210@14koro5656 僕がラノベ以外でまともに紹介できるような小説は乙一さんのGOTH(ゴス)結構グロ表現がある内容ですけど読んでる内に人の闇に惹かれて行っちゃいました桜庭一樹さんのGOSICK(ゴシック)もう主人公と… https://t.co/6QcRY6gbYt
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
桜庭一樹さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)