トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 桜庭一樹

桜庭一樹

桜庭一樹さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

桜庭 一樹(さくらば かずき、1971年7月26日 - )は、日本の作家、小説家。女性。島根県生まれ、鳥取県米子市出身。ゲームのノベライズやライトノベル、ジュブナイルなどの作品や、山田桜丸名義でゲームシナリオを数多く手がける。
2008年に『私の男』で直木賞を受賞した。他の作品に『GOSICK -ゴシック-』『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』『赤朽葉家の伝説』などがある。
=
鳥取県米子市出身)。
小説を書き始めたのは小学校4、5年生のときで、図書室でよく会う女の子がいて、仲良くなり、その子が小説みたいなものを書いていたので、「自分もやってみようかな」と小説の真似みたいなのをノートに書き出したのが最初である。
中高生時代は授業をさぼったり、塾をさぼったりして本を読んでいた。悩みは勉強ができなかったのと、勉強が嫌いだったことだった。鳥取県立米子東高等学校卒業。大学進学で東京にでる。また、本を読んだりバイトをしたりした。

桜庭一樹新刊

  • 発売日
    2019年5月24日
  • 書名
    小説という毒を浴びる 桜庭一樹書評集
  • 発売日
    2019年5月21日
  • 書名
    恋の絵本 (1) すきなひと
  • イラストレーター
    嶽 まいこ

受賞歴

桜庭一樹関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

桜庭一樹関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

_asagi_sui砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない/桜庭一樹情景描写が多くて好きな感じだった。これから悲劇の一部始終を見ることになるのを前提に読み進めるからこそ、主人公に対する同情や悲しさの類の気持ちが深く生まれるんだなと解説を読んで思った。なるほど。
wlb922『伏 贋作・里見八犬伝』桜庭一樹/人であって人でなく、犬の血が流れる異形の者—伏。幕府はその首に懸賞金をかけた。小さな女の子の猟師・浜路は兄に誘われ、江戸へ伏狩りにやってきた。浜路の目の前に次々と伏が現れ、浜路はその不思議な因果の輪に巻き込まれていく。
kisou_sinsou@ro_lock_ve 桜庭一樹「小説 火の鳥 大地編」 - be on Saturday:朝日新聞デジタル https://t.co/gAfvZW8JlH 是非是非^ ^本になるんはまだ先かと思うのでさわりだけでも!軍服と… https://t.co/JrAeBiL4GP
_tataricus不幸は、口に出したら自分の魂を汚してしまう気がするんだ。(少女には向かない職業/桜庭一樹)
nanase_c中学生のときから桜庭一樹さんが好きで
spalta私は大きな物語のうねりが読みたいので、そうなると海外もののほうが面白い。純文学っていうのは、物語じゃなくて文章を読む、文体を味わうものだってこないだ聞いたんだけど、私はとにかく物語が読みたい。だからどうしても海外文学のほうへ行きがちですね。(桜庭一樹「書店はタイムマシーン」)
roman_0401304の成歩堂親子、もっと成長して危うい方向行ったら桜庭一樹の『私の男』みたいになりそうで見ててハラハラする(好き
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
桜庭一樹さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)