トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 桜庭一樹

桜庭一樹

桜庭一樹さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

桜庭 一樹(さくらば かずき、1971年7月26日 - )は、日本の作家、小説家。女性。島根県生まれ、鳥取県米子市出身。ゲームのノベライズやライトノベル、ジュブナイルなどの作品や、山田桜丸名義でゲームシナリオを数多く手がける。
2008年に『私の男』で直木賞を受賞した。他の作品に『GOSICK -ゴシック-』『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』『赤朽葉家の伝説』などがある。
=
鳥取県米子市出身)。
小説を書き始めたのは小学校4、5年生のときで、図書室でよく会う女の子がいて、仲良くなり、その子が小説みたいなものを書いていたので、「自分もやってみようかな」と小説の真似みたいなのをノートに書き出したのが最初である。
中高生時代は授業をさぼったり、塾をさぼったりして本を読んでいた。悩みは勉強ができなかったのと、勉強が嫌いだったことだった。鳥取県立米子東高等学校卒業。大学進学で東京にでる。また、本を読んだりバイトをしたりした。

桜庭一樹新刊

  • 発売日
    2018年9月25日
  • 書名
    日本軍兵士の真実 (中央公論 Digital Digest)

受賞歴

桜庭一樹関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

桜庭一樹関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

toritachiwaasu@Capri_azure 興味はすごーくあるんですが、九州なもので(^_^;) 私なら、桜庭一樹さんの「砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない」を持ちたいです!
mysterybot2砂糖でできた弾丸では子供は世界と戦えない。あたしの魂は、それを知っている。(『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』/桜庭一樹)
bonn_jiri04文体が似てしまうといえば、わたし「私の男」を何度も読み返してた時期に書いてたやつは全部桜庭一樹さんの癖バリバリに出た(なお約一万五千字中一万五千字がそうなったからボツにした)
bot_9836「だけど、いつか、別の場所に行くよ。ここじゃないところ。ぐぅぐぅいつまでも惰眠を貪れるような場所がいいな。深い海の底。波に揺られて微睡むだけで、十年に一回、卵を生むだけで、後は何もしない……」砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない桜庭一樹
usui_mz桜庭一樹の青年たちの読書クラブみたいな世界観が好きなので素質はあるんだろうな…ちなみにマリみては学生の頃にクラスメイトから借りて3巻くらいまで読みましたが巻数の多さにくじけました
phrase_fav家を出て歩き出したときにすれ違ったあれ、あの濃いピンク色をした霧が、友彦が生活や未来や友達や恋と引き替えに手に入れた神だったのかもしれなかった。(砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない/桜庭一樹)
ZTtJ2G8ClPsFFHa#読了桜庭一樹さんの推定少女思わず逃げ出したくなる大人たちのいる理不尽な空間その戦場で子供達は何を考え生きていくか個性的な登場人物、ミステリアスな世界観にすぐに引き込まれた桜庭さんの他の本も読んでみよう
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
桜庭一樹さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)