トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 桜庭一樹

桜庭一樹

桜庭一樹さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

桜庭 一樹(さくらば かずき、1971年7月26日 - )は、日本の作家、小説家。女性。島根県生まれ、鳥取県米子市出身。ゲームのノベライズやライトノベル、ジュブナイルなどの作品や、山田桜丸名義でゲームシナリオを数多く手がける。
2008年に『私の男』で直木賞を受賞した。他の作品に『GOSICK -ゴシック-』『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』『赤朽葉家の伝説』などがある。
=
鳥取県米子市出身)。
小説を書き始めたのは小学校4、5年生のときで、図書室でよく会う女の子がいて、仲良くなり、その子が小説みたいなものを書いていたので、「自分もやってみようかな」と小説の真似みたいなのをノートに書き出したのが最初である。
中高生時代は授業をさぼったり、塾をさぼったりして本を読んでいた。悩みは勉強ができなかったのと、勉強が嫌いだったことだった。鳥取県立米子東高等学校卒業。大学進学で東京にでる。また、本を読んだりバイトをしたりした。

受賞歴

桜庭一樹関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

桜庭一樹関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

his_pain_なにかがあって、きっかけは些細で、でもどうしようもなくて、それで、人は変わる。バランスが崩れて、悪い意味で〝本当の自分〟になっちゃうんだ。(砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない/桜庭一樹)
bot_9836「好きって絶望だよね」砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない/桜庭一樹
tamezou_library桜庭一樹さんは中学の時に「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」を初めて読んでなんだこれは、なんだこれは!?と衝撃を受けたおもひで。大学のときに、「青年のための読書クラブ」を読んで、また衝撃を受けた。忘れられない小説トップ3に入るので良かったらぜひ…あっ「赤朽葉家の伝説」もよい……
_tataricus不幸は、口に出したら自分の魂を汚してしまう気がするんだ。(少女には向かない職業/桜庭一樹)
_words_m生き抜けば大人になれたのに……。(砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない/桜庭一樹)
5757kurota隣駅図書館で借りる。◎彩瀬まる「まだ温かい鍋を抱いておやすみ」祥伝社 2020 ◎桜庭一樹「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」富士見書房 2007「じごくゆきっ」集英社 2017「お好みの本、入荷しました 桜庭一樹読書日記」… https://t.co/ooSdpcRXXs
321_kaNata@ojigisou4106 ラノベ?かは分からないけど、桜庭一樹先生の「GOSICK」シリーズはおすすめです。あと、綾崎隼先生の「蒼空時雨」シリーズ(タイトルがほぼ四文字漢字です)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
桜庭一樹さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)