トップページ > 公募新人賞一覧 > 早稲田文学新人賞

早稲田文学新人賞

早稲田文学新人賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

早稲田文学新人賞(わせだぶんがくしんじんしょう)は、早稲田文学会によって主催されている公募新人文学賞である。

第24回2012年(応募総数:391)

早稲田文学新人賞

第23回2010年

早稲田文学新人賞

第22回2009年(応募総数:131)

早稲田文学新人賞

早稲田文学新人賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

早稲田文学新人賞関連つぶやき

lousism【雑談】先刻郵便局に飛び込み、消印有効ギリギリで原稿用紙73枚相当『clearance』を提出致しました。突貫工事だったので出来は御察しですが早稲田文学で一次通った『Retold』以来久し振りの新人賞応募です。ペットボトルと翡翠… https://t.co/JTB3cGbi0v
AwardAuthor蓮實重彦東大元総長の絶賛を浴びて早稲田文学新人賞を受賞。さらに史上最高齢の75歳で芥川賞を受賞。記者会見では「生きているうちに見つけてくださいましてありがとうございました」と真摯に語り、話題となった衝撃の作品。『abさんご』黒田夏子https://t.co/UC5cJiyGjR
akutagawa_syou蓮實重彦東大元総長の絶賛を浴びて早稲田文学新人賞を受賞。さらに史上最高齢の75歳で芥川賞を受賞。記者会見では「生きているうちに見つけてくださいましてありがとうございました」と真摯に語り、話題となった衝撃の作品。『abさんご』黒田夏子https://t.co/tjAqJNzYvZ
sendamanabu「中国の拷問」は初めて完成させた小説で、早稲田文学新人賞を受賞した。何度か読み返したけど、自分でも全くわけのわからない小説だし、なぜあれを書こうと思ったのかも不明。でも15年も経つのに、こうして新しい読者に新しい解釈をしてもらえるなんて、作品にとって本当に幸せなことだと思う。
Mainlander_11@akutagawadazai2 @pyidesu はい、じゃあ、始めます。今回の課題図書は仙田学さんの『中国の拷問』です。仙田さんが早稲田文学新人賞を受賞した作品です。
akutagawadazai2ついに本日午後9時より、第4回読書会を開催します。課題本は、仙田学「中国の拷問」です。時間になりましたら、当アカウントへのリプライで参加できます。見学だけでもOKです。まずはフォローしてください! 課題本は、第19回早稲田文学新人賞受賞作品で、本にして50頁ほどの短篇です。是非!
CRUNCH_MAGAZINE読者数101人突破! おめでとうございます > 第25回早稲田文学新人賞について私記 https://t.co/upVzAcqDQt
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)