トップページ > 公募新人賞一覧 > 早稲田文学新人賞 > 2012年−第24回 早稲田文学新人賞

早稲田文学新人賞

2012年−第24回 早稲田文学新人賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

早稲田文学新人賞(わせだぶんがくしんじんしょう)は、早稲田文学会によって主催されている公募新人文学賞である。

第24回—2012年(応募総数:391)

早稲田文学新人賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

早稲田文学新人賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

早稲田文学新人賞関連つぶやき

yurubngkbot早稲田文学新人賞早稲田文学会によって主催されている公募新人文学賞である。2008年の『早稲田文学』復刊とともに不定期ながら本賞も再開され、小説の1部門制、選考委員を各回1名のみとすると定められた。1984年(S59)~現在
akutagawa_syou蓮實重彦東大元総長の絶賛を浴びて早稲田文学新人賞を受賞。さらに史上最高齢の75歳で芥川賞を受賞。記者会見では「生きているうちに見つけてくださいましてありがとうございました」と真摯に語り、話題となった衝撃の作品。『abさんご』黒田夏子https://t.co/tjAqJNzYvZ
as_te_risk送りながら、残りの時間を全て執筆活動にあてていたという。2012年、早稲田文学に「abさんご」を投稿、早稲田文学新人賞を受賞し、デビュー。翌2013年に第148回芥川賞を75歳9か月で受賞。おそらく、芥川賞の選考基準の性質… https://t.co/ewy2FvXy1d
yamanobe_taro不定期開催の早稲田文学新人賞の第25回では、まえの回よりも応募数が増えたためか、募集時に告知されていた日程より半年遅れで受賞作が決まりました。予選の段階ごとに、通過作とともに選考基準も公開され、丁寧に進めている印象がありました。最終候補に残ったときにはメールで連絡がきました。
ruroa2近頃、向井豊昭の小説集『BARABARA』(四谷ラウンド1999)を読んでる。60代で文芸誌『早稲田文学』の新人賞を獲った標題作は小学校の中年非正規講師の1日を描いた話で小林秀雄の「様々なる意匠」=東浩紀の「ゲーム的リアリズム」を… https://t.co/raFeYvDM4n
orionaveugle「群像」2019年1月号の笙野頼子「返信を、待っていた」で言及されている川上亜紀「三日間」は、「早稲田文学」2001年7月号に載っているんです。この号は堀江敏幸さんの対談なんかもあって印象深い。「早稲田文学」新人賞が、掲載作からも… https://t.co/SP0pBSDbAO
poncyogo早稲田文学新人賞って今はないっぽいけれど。わたし当時、予選通過してます。本名堤航太名義。「氷山」という作品。佳作を頂いたリトルモアも今はなく…。 https://t.co/piJICqeRdQ
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)