トップページ > 公募ではない賞一覧 > このミステリーがすごい! > 2006年−2006年版 このミステリーがすごい!

このミステリーがすごい!

2006年−2006年版 このミステリーがすごい!の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

2006年版—2006年

1位

3位

4位

5位

6位

8位

10位

10位

その他の回のデータ(全データ一括表示

このミステリーがすごい!関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

このミステリーがすごい!関連つぶやき

tsutaya_nswk「2023このミステリーがすごい」大賞受賞
doladate@wni_live 起きたある事件が県警内部を揺るがす。刻々と伝えられる被災地の惨状をよそに、警察内部は権力闘争に明け暮れる。『このミステリーがすごい!』の平成18年(2006年)版で、国内歴代第3位に選ばれた。平山譲 『あり… https://t.co/agjowMkfNm
skowkrbs【紹介】「さよならドビュッシー」ピアニストを目指す女の子の周りに起こる事件のお話。このミステリーがすごい!大賞受賞作品。是非ドビュッシーの曲とともに楽しんでほしい本です。予測がつかない、でんぐり返しのでんぐり返しって感じで、読むのが楽しい作品です。
LS_slot_bot2017年12月に「このミステリーがすごい!」国内1位となった作家・今村昌弘のデビュー作は「○○荘の殺人」?→屍人
raisen_bot_qmaNo.327 次の「このミステリーがすごい!」大賞で大賞を受賞した小説と、その作者の正しい組み合わせを選びなさい⇒チーム・バチスタの栄光―海堂尊、果てしなき渇き―深町秋生、ブレイクスリー・トライアル―伊園旬
rikuttono_紅蓮館の殺人/阿津川辰海 #読了山奥の館に住むミステリー作家財田雄山に会いに高校生二人がその館に向かう。その途中で山火事に遭遇徐々に館に火の手が迫る。そんな館で殺人事件が…次々に、起こるまったく新しいミステリーのかたちこの世… https://t.co/bMHG3ko6oD
Book2_botこのミステリーがすごい!編『5分で驚く!どんでん返しの物語』最後のページまたは最後の一行にこだわったどんでん返しのある短編集。読めば作品に騙される展開が当然多いが短いため本を読むことが苦手な人にステップアップとしておすすめしたい一冊。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)