トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 石田衣良

石田衣良

石田衣良さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

石田 衣良(いしだ いら、1960年3月28日 - )は、日本の小説家。本名は石平庄一(いしだいらしょういち|date=2017年12月)。ペンネームの由来は本名「石平(いしだいら)」を分割したもの|date=2017年12月。
1960年(昭和35年)生まれ。東京都江戸川区出身。特に好きであったのはハヤカワ文庫や東京創元社のSF・ミステリで、アーサー・C・クラークやアイザック・アシモフが好きだったという。
1984年に成蹊大学経済学部を卒業、広告制作プロダクション・広告代理店にコピーライターとして勤務した後、33歳の時にフリーのコピーライターとなる。
36歳の時に小説家になることを決意し、数々の新人賞に応募。1997年、それまで応募したことのなかったミステリーの賞に応募したところ、第36回オール讀物推理小説新人賞を受賞。そのデビュー作が「池袋ウエストゲートパーク」である。以後、『4TEEN フォーティーン』で第129回(2003年上半期)直木賞を、2006年、『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞を受賞する。同年、映画『LOVE MY LIFE』に出演した。
時事問題や社会的に問題となった事件などに触発されて執筆を決意することが多く、『うつくしい子ども』は神戸連続児童殺傷事件が、『約束』は大阪教育大学附属池田小学校児童殺傷事件が、『ブルータワー』はアメリカ同時多発テロ事件が、それぞれ執筆のきっかけとなっている。
2013年8月、雷田四位(らいだしい)というペンネームを使って初の電子書籍限定書き下ろしライトノベル作品『SAKASHIMA -東島進駐官養成高校の決闘』を書籍投稿サイト「E★エブリスタ」で9月11日から半年間連載することを発表した。
2015年、有料メルマガを配信する「夜間飛行」より、月2回、第2・4金曜日に小説やエッセイなどを配信するウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊。

石田衣良新刊

  • 発売日
    2018年5月10日
  • 書名
    MILK (文春文庫)
  • 発売日
    2018年5月10日
  • 書名
    MILK (文春文庫)
  • 発売日
    2018年4月5日
  • 書名
    爽年

受賞歴

石田衣良関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

石田衣良関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ayun_dqx@Margrete_Fatima 石田衣良さん原作の娼年ですね。原作は透明感のあるとても綺麗な文章で書かれているのであまりいやらしく感じませんが、あらすじは確かに刺激が強いかも。
sanotuki735石田衣良の小説面白いし買おうかな
t8tzi1k9g55aysz@HpQjfPkhmUa1dBz 何年か前に石田衣良さんの原作を読みました。かなり刺激的な表現もありましたが、切ない物語…。と言うのが私の感想です。主人公と赤松さんのお名前が同じ、リョウさんだったとは、その頃は知る由もありませんでした。
koto1com【一行書評】『娼年』石田衣良「ふたりですれば素敵なことを、あなたはいつもひとりでしている。退屈になるのも無理ないな」私は何に関しても自己完結するので、これ読んで反省。何かに冷めた気持ちでいるとき、それは冷めているのではなく、ひ… https://t.co/ikJxvKB9nP
y_Novel_botページは実際の暴力や拷問よりも、自分が暴力をリアルに想像する力に耐えられずに壊れてしまうのが恐ろしかった。(アキハバラ@DEEP/石田衣良)
nazunazuna99『娼年』は石田衣良の中じゃ1番に好きな作品だけど、これを 元カレ期くらいのつよし君が演じたら 多分凄い作品になってそう。。観たいような見れないようなでもこれ、光一さんでもしっくりくる気がする。受け取り方は全然違うものになりそうだけど、、、これも観たいけど見れなさそう…
SeihekiBot限界を超えたところで頑張っていると、それが普通になってさらに遠い限界に行ける。石田衣良
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
石田衣良さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)