トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 北村薫

北村薫

北村薫さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

北村 薫(きたむら かおる、本名:宮本 和男、1949年12月28日 - )は、日本の小説家、推理作家。埼玉県北葛飾郡杉戸町生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。
早稲田大学在学中はワセダミステリクラブに所属。卒業後、母校である埼玉県立春日部高等学校の国語教師をしながら(1980年 - 1993年)、創元推理文庫の「日本探偵小説全集」を編集。1989年、覆面作家として東京創元社「鮎川哲也と十三の謎」の1冊『空飛ぶ馬』でデビュー。1991年に『夜の蝉』で第44回日本推理作家協会賞(連作短篇集賞)を、2006年に『ニッポン硬貨の謎』で第6回本格ミステリ大賞(評論・研究部門)・2006年版バカミス大賞を受賞する。代表作『スキップ』等で、直木賞最終候補作に6度選ばれている。また、本格ミステリ作家クラブ設立時の発起人の一人であり、初代事務局長を務める。2005年、同クラブの会長に就任する。また同年より翌2006年度まで、早稲田大学文学学術院客員教授として教壇に上る。2009年、『鷺と雪』で第141回直木賞を受賞する。同年彩の国功労賞を受賞。2013年度より再度早稲田大学にて文学学術院文化構想学部教授に着任。
国語教師時代の教え子にラーメンズの片桐仁、演劇集団キャラメルボックスの西川浩幸がいる。片桐は偶然『スキップ』を読み、自分が受けた授業が描かれていて感動した、と語っている。西川は舞台化された『スキップ』に出演した。
推理小説の執筆だけではなく、推理小説に関する評論やエッセイも多い。また、鮎川哲也の短編集(『五つの時計』・『下り“はつかり” 』-ともに創元推理文庫、1999年)の編集を行なったり、自らアンソロジーを編んだりと、編集の分野でも活動している。
また、高校・大学を通しての後輩である、同じく推理作家の折原一との親交が深く、北村薫のデビューも、折原一に刺激されてのものだった。折原は覆面作家時代の北村をモデルにした“西村香”というキャラクターが主人公の『ファンレター』という作品を執筆している。
歌人の藤原龍一郎はワセダミステリクラブの後輩にあたり、宝島社のムック本 『静かなる謎 北村薫』には、藤原との対談記事が載せられている。自身も詩歌に通じており、『詩歌の待ち伏せ』など詩歌論の著書がある。歌人の天野慶との交流もある。

北村薫新刊

  • 発売日
    2019年3月22日
  • 書名
    中野のお父さんは謎を解くか
  • 発売日
    2019年1月9日
  • 書名
    自薦 THE どんでん返し3 (双葉文庫)
  • 発売日
    2019年1月1日
  • 書名
    乳腺外科医のひとりごと

受賞歴

北村薫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

北村薫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

utataneko57577「短歌のリズムに親しんで、口ずさんで、内面を表現する。その時、歌の種が胸に蒔かれる。四の五の言わずに五七五七七!」(北村薫さん帯文より)短歌入門『ウタノタネ~だれでも歌人、どこでも短歌』(ポプラ社) #jtanka
koino_izumi男と女は、元々ひとつだったもの。それがこの世に生まれる時、分かれたから、失った片方を捜し求めるのだ。- 北村薫 -#恋の泉
masaru_suzuki@tsuboi 北村薫さん(だったかな)のお話の中で「出版社の人間は本が売れても儲かったとは思わない。これでまた売れない本が出せる、と思う」というのがあって感動したのを思い出しました。
KOTOBAbot1009えてして人生とはそういうものだろう。どんなに楽しいかと心弾ませて取りかかることも、現実の場所に降りれば、期待の持つ不思議な彩りを失い色あせる。水面に出た深海魚が破裂して死ぬように。深海魚は海の底にいればいい。しかし行為は空想していただけでは行為にならない。〜スキップ(北村薫)〜
ichigo__ni北村薫のターン、昔牧瀬里穂主演で映画であったなあと思い出す。この作品の空気すごくアオトグだと思う
hit4boy北村薫『ターン』一人時間の輪に閉じ込められた女性を描いています。彼女は、同じ時間を繰り返す”くるりん”に翻弄されながらも、良い人を続けていきます。このゆったりワールドの心地良さに浸っているとラスト近くで突然の悪意に慄然となるでしょう。https://t.co/l3l8RaH5Wk
hinoto_r北村薫の空飛ぶ馬読んでるのだけども、これ、デビュー作で94年の作品なのな……信じられない……滅茶苦茶に秀逸で繊細で軽やかで、確かに作者が女性と思われるのも分かる……しゅごい……
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
北村薫さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)