トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 北村薫

北村薫

北村薫さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

北村 薫(きたむら かおる、1949年12月28日 - )は、日本の小説家、推理作家。埼玉県北葛飾郡杉戸町生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。
早稲田大学在学中はワセダミステリクラブに所属。卒業後、母校である埼玉県立春日部高等学校の国語教師をしながら(1980年 - 1993年)、創元推理文庫の「日本探偵小説全集」を編集。1989年、覆面作家として東京創元社「鮎川哲也と十三の謎」の1冊『空飛ぶ馬』でデビュー。1991年に『夜の蝉』で第44回日本推理作家協会賞(連作短篇集賞)を、2006年に『ニッポン硬貨の謎』で第6回本格ミステリ大賞(評論・研究部門)・2006年版バカミス大賞を受賞する。代表作『スキップ』等で、直木賞最終候補作に6度選ばれている。また、本格ミステリ作家クラブ設立時の発起人の一人であり、初代事務局長を務める。2005年、同クラブの会長に就任する。また同年より翌2006年度まで、早稲田大学文学学術院客員教授として教壇に上る。2009年、『鷺と雪』で第141回直木賞を受賞する。同年彩の国功労賞を受賞。2013年度より再度早稲田大学にて文学学術院文化構想学部教授に着任。
国語教師時代の教え子にラーメンズの片桐仁、演劇集団キャラメルボックスの西川浩幸がいる。片桐は偶然『スキップ』を読み、自分が受けた授業が描かれていて感動した、と語っている。西川は舞台化された『スキップ』に出演した。
推理小説の執筆だけではなく、推理小説に関する評論やエッセイも多い。また、鮎川哲也の短編集(『五つの時計』・『下り“はつかり” 』-ともに創元推理文庫、1999年)の編集を行なったり、自らアンソロジーを編んだりと、編集の分野でも活動している。
また、高校・大学を通しての後輩である、同じく推理作家の折原一との親交が深く、北村薫のデビューも、折原一に刺激されてのものだった。折原は覆面作家時代の北村をモデルにした“西村香”というキャラクターが主人公の『ファンレター』という作品を執筆している。
歌人の藤原龍一郎はワセダミステリクラブの後輩にあたり、宝島社のムック本 『静かなる謎 北村薫』には、藤原との対談記事が載せられている。自身も詩歌に通じており、『詩歌の待ち伏せ』など詩歌論の著書がある。歌人の天野慶との交流もある。

北村薫新刊

  • 発売日
    2017年10月31日
  • 書名
    ヴェネツィア便り
  • 発売日
    2017年10月12日
  • 書名
    太宰治の辞書 (創元推理文庫)
  • 発売日
    2017年7月6日
  • 書名
    猫が見ていた (文春文庫)

受賞歴

北村薫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

北村薫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

eejfofjeofj時間という恋人とは、 誰でも地道に一秒一秒、一日一日、 ゆっくりと交際していくしかない。 by スキップ、北村薫
ayacoto空飛ぶ馬を再読してるんですけど『すれ違う人が思わず振り返るくらいの美人』な姉とか羨ましすぎる。あと前はそんなに思うところのなかった父とのやりとりにニコニコする。秋めいてきたし秋の蝉も読みたくなってきた。北村薫さんの本の中で秋の蝉が一番好きなのです。
nohohondo冒頭から追悼文ばかりで読んでいて気が重くなる。未発表の文章を寄せ集めた感じ?そのうち気分の晴れるような「スカッ」とする「目覚ましい論理展開」が見られるのか?~北村薫『愛さずにいられない』
KOTOBAbot1009えてして人生とはそういうものだろう。どんなに楽しいかと心弾ませて取りかかることも、現実の場所に降りれば、期待の持つ不思議な彩りを失い色あせる。水面に出た深海魚が破裂して死ぬように。深海魚は海の底にいればいい。しかし行為は空想していただけでは行為にならない。〜スキップ(北村薫)〜
robi_goodferow北村薫先生の作品がやっぱり好きなのでハードカバーで持ってるやつも文庫でほそぼそと買い始めたんだけど、なかなかない。
sa_sahig国内もので読んだことあるなかだと広瀬正「マイナス・ゼロ」宮部みゆき「蒲生低事件」あとどちらかと言うとミステリ寄りの西澤保彦「七回死んだ男」と主題は違うけど北村薫「スキップ」辺りは何度か読み返すお気に入り作品。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
北村薫さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)