トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 岩阪恵子

岩阪恵子

岩阪恵子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

岩阪 恵子(いわさか けいこ、1946年6月17日 - )は、日本の小説家。奈良県生まれ。関西学院大学文学部史学科卒業。
夫は詩人・作家の清岡卓行(きよおか たかゆき)。また前妻の息子の清岡智比古も、フランス語研究者(明治大学理工学部教授)であり、意欲的に創作活動も行っている。
1歳から23歳までを大阪市旭区で送る。19歳から詩作を始める。24歳で、師事していた24歳年上の清岡卓行と結婚し、東京に転居。この年から小説を書き始めた。画家小出楢重の評伝執筆が契機となって、故郷大阪の土地とことばを生かした短編集『淀川にちかい町から』を上梓し高い評価を受けた。

受賞歴

岩阪恵子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

岩阪恵子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

natsumemike2005岩阪恵子『台所の詩人たち』「どこにもある当り前の人の一生に、そのなかのひとこまひとこまに、私は思いを深めずにおれない」しっかり生活が描かれてる作品てやっぱりいいよな。大阪出身の作家のエッセイ読むと川と夕陽が印象的。画家の小出楢重って文章も上手かったのかー。ちょっとメモ。
r3_okmt岩阪恵子「鳩の時間」再読。静かな時間が流れていた。庭木や生き物に対する温かい眼差しが、孤独を埋めているようだった。ともすると魂が抜け出でてしまいそうな危うさも、身近なものとして記述され、つられてこちらも異界に吸い寄せられるのだった。克明な筆致とどこか不確かな日常のバランス。
jebrille_noir【淀川にちかい町から (講談社文芸文庫)/岩阪 恵子】を読んだ本に追加 → https://t.co/Rz8bkd1zFS #bookmeter
sadmaz6岩阪恵子の赤ん坊を、屠殺場の田宮虎彦にしてやろうか!
penguinbookcafe『ラストカムイ-砂澤ビッキの木彫』(芦原伸/白水社)『彼女の知らない空』(早瀬耕/小学館文庫)『わたしの木下杢太郎』(岩阪恵子/講談社)『流星シネマ』(吉田篤弘/角川春樹事務所)『きたきた捕物帖』(宮部みゆき/PH… https://t.co/mWkaMkEy7Z
a_ranking_newsBOOK☆WALKER期間限定セール(12/31まで) 岩阪恵子『淀川にちかい町から』 413円https://t.co/LQg1kDUD9n
mori_cccccccccc電車で遠方へ移動中。移動中は読書。仕事中なのに本読み放題。でも二日酔いで内容が頭に入って来ない。同じ箇所を行ったり来たり。断片的にしか情報が入って来ない為、岩阪恵子の短編を読んでいるが、誤読が極まって今俺の中で前衛小説になっている。やった、新しい小説の読み方を発見したぞ。#肯定
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
岩阪恵子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)