トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 村田喜代子

村田喜代子

村田喜代子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

村田 喜代子(むらた きよこ、1945年4月12日 - )は、日本の小説家。日本芸術院会員、梅光学院大学文学部客員教授。福岡県中間市在住。旧姓は貴田。
福岡県八幡市(現在の北九州市八幡西区)出身。両親の離婚後生まれたため、戸籍上は祖父母が父母となる。市役所のミスで一年早く入学通知が来たため、1951年小学校入学。八幡市立花尾中学校卒業後、鉄工所に就職。1967年結婚し、二女を出産。
1977年「水中の声」で第7回九州芸術祭文学賞最優秀作を受賞。これを境に本格的な執筆活動に入る。1985年からタイプライターによる個人誌『発表』を作成し「文學界」同人雑誌評に送付。1986年『発表』2号の「熱愛」が同人雑誌推薦作として『文學界』に転載され第95回芥川賞候補となる(該当作なし)。続いて「盟友」(『文學界』9月号) が第96回芥川賞候補となる(該当作なし)。1987年「鍋の中」で第97回芥川賞を受賞した。
やや怪奇味を帯びた作風だが、『龍秘御天歌』ではリアリズムに転じた。「鍋の中」を黒澤明が『八月の狂詩曲』として映画化した際には不満で、「ラストで許そう黒澤明」を『文藝春秋』に寄稿した。
『百年佳約』(下記参照)の挿絵を担当したスペイン在住の画家堀越千秋とは親友。
2017年、日本芸術院会員に選ばれる。
現在、泉鏡花文学賞、川端康成文学賞、紫式部文学賞選考委員。
物心がつく前から吃音があり、今も直っていない。子どもの頃は悩んだが、社会人になってからはたいして気にならなくなったという。

受賞歴

村田喜代子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

村田喜代子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

raisen_bot2_qmaNo.430 次の1980年代の芥川賞受賞者と受賞作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒木崎さと子―青桐、村田喜代子―鍋の中、加藤幸子―夢の壁
fragments_bot_2彼はときどき読みかけの本の頁のあいだに長いあくびを二、三回流しこんで、それからたとえば庭なら手のとどくあたりの花を一輪口にいれて、むしゃりむしゃりと食べていた。(村田喜代子『鍋の中』)
amelobquiz原作は第97回芥川賞受賞作である村田喜代子の『鍋の中』、ハリウッド俳優のリチャード・ギアが出演したことでも知られる、1991年に公開された黒澤明監督の映画のタイトルは何でしょう?
akutagawa_syouきれぎれの記憶を通し、思い出がよみがえる。老女の語りに、少女は初めて大人の秘密にふれ、生きることのはかなさと哀しみを知ったー。のびやかな文章で、少年と少女と老女の、田舎の家でのひと夏の暮しを描き、家族を思い、人と人の絆を知る。芥川賞受賞作『鍋の中』村田喜代子
chii_oboeta_qma【芥川賞】吉行理恵:小さな貴婦人重兼芳子:やまあいの煙森禮子:モッキングバードのいる町村田喜代子:鍋の中高樹のぶ子:光抱く友よ米谷ふみ子:過越しの祭ちぃ覚えた
ageageco村田喜代子『雲南の妻』途中。女と女。風のように軽い結婚。穏やかで、自由で、鮮やかで、柔らかで、多彩で、豊潤で、深遠で、剥き出して、普通などなくて、何も飾る必要がなくて、幻想を用いたり、建前を用いたりして隠す必要もなくて、生きたいように、生きやすいように生きて行ける。桃源郷。
AwardAuthorきれぎれの記憶を通し、思い出がよみがえる。老女の語りに、少女は初めて大人の秘密にふれ、生きることのはかなさと哀しみを知ったー。のびやかな文章で、少年と少女と老女の、田舎の家でのひと夏の暮しを描き、家族を思い、人と人の絆を知る。芥川賞受賞作『鍋の中』村田喜代子
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
村田喜代子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)