トップページ > 作家名一覧 > くから始まる作家名一覧 > 黒井千次

黒井千次

黒井千次さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

黒井 千次(くろい せんじ、1932年5月28日 - )は、日本の小説家。本名、長部舜二郎。「内向の世代」の作家の一人と呼ばれる。日本芸術院長。息子はフジテレビプロデューサーの長部聡介。
東京府下高円寺に、のち最高裁判事長部謹吾の次男として生まれる。都立西高校から1955年東京大学経済学部卒業、富士重工業へ入社し、サラリーマン生活のかたわら、創作を行う。新日本文学会に入り、1958年に『青い工場』を発表し、当時の労働者作家の有望株として、八幡の佐木隆三、長崎の中里喜昭たちとともに注目された。また、『文学界』に『メカニズムNo.1』を執筆。労働現場の矛盾を心理的な側面から描く手法で注目された。
1968年に『聖産業週間』で芥川賞候補となり、1970年に『時間』で芸術選奨新人賞受賞。同年に富士重工を退社、作家活動に専念。この時、会社側から社業に専念できない人物を会社は雇うつもりはないと言われたという。その後、1984年に『群棲』で谷崎潤一郎賞、1995年に『カーテンコール』で読売文学賞(小説部門)、2000年日本芸術院会員、2001年に『羽根と翼』で毎日芸術賞、2006年に『一日 夢の柵』で野間文芸賞をそれぞれ受賞。2010年芸術院第二部部長。2014年日本芸術院長、文化功労者。
1987年から2012年まで芥川賞の選考委員を務めた。現在、毎日芸術賞、伊藤整文学賞選考委員、文化放送番組審議会委員長を務めている。また、日本文藝家協会の理事長も2002年から2007年まで務めていた。
阿刀田高とは高校の文芸部時代の知己。遠藤周作と共に「宇宙棋院」を主宰。
日本中国文化交流協会副会長・理事長。

受賞歴

黒井千次関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

黒井千次関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

dokusho__meigen言葉には話し言葉、読み言葉がありますが、書き言葉が残され、読まれることは人間の知的生活の基本だと思います。言葉の芸術、言葉の力が弱くなることは、文化全…(続きはWEBで)(黒井千次)https://t.co/bBqjTFcF3r
jomonsugi10000「聖産業週間」りだつ。黒井千次さんの第一作品集「時間」のオープニングです。「超高層のバベル」見田宗介さんとの対話ねんとうによんだせいかなあ。こんなにもひびく。高度成長期のお話だよね。でも現在にしかみえない。ふるくない、胸えぐるちから保持してる。
tsucchini書評を書きました。『老いのゆくえ』黒井千次⇒ https://t.co/MAomSeVAtJ #アメブロ @ameba_officialさんから
1manken年を取るとはどういうことなのか高齢者のリアルな生活実態を知り得る貴重な1冊現在87歳の黒井千次氏が82歳から86歳のときの世界が描かれている…↓浴槽から立ち上がれない!『老いのゆくえ』#中公新書|マンション・チラシの定点… https://t.co/hAeuta7AS5
geisyuhiroshimaワロタ共通一次試験「国語」、作者が解けず腹が立った=黒井千次(作家)穂高健一ワールド~書斎の小説家が街に飛び出した、気鋭のジャーナリストとしてhttps://t.co/X7gKEdiSuP
batabata黒井千次著「老いのゆくえ」中公新書。買って読んだし、たいへん面白いので色々な人に勧めたいのだが、この手の本ばかり読んでいると世界を揺るがす発明などはできないだろうな。 https://t.co/V4n4KD0BHP
chukoshinsho黒井千次著『老いのゆくえ』の重版が決まりました。5刷です。なぜ歳を取ると何事も億劫になるのか、病気の話にかくも熱が入るのか、「ピンピンコロリ」は本当に理想なのか――。一年一年、新しい世界と向き合って歩む日常と思考を丹念に描いた、心… https://t.co/InXFNq5Et8
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
黒井千次さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)