トップページ > 作家名一覧 > くから始まる作家名一覧 > 黒井千次

黒井千次

黒井千次さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

黒井 千次(くろい せんじ、1932年5月28日 - )は、日本の小説家。本名、長部舜二郎(おさべ しゅんじろう)。サラリーマン生活の傍ら執筆生活を始め、「内向の世代」を代表する作家の一人と目された。大企業の組織を見つめ、労働者の人間疎外を主題とした作品を多数執筆したが、『春の道標』など自伝的な青春小説でも好評を得た。日本文芸家協会理事長。日本芸術院長。文化功労者。
東京府下高円寺に、検察官でのち最高裁判事となる長部謹吾の次男として生まれる。都立西高校から1955年東京大学経済学部卒業、富士重工業へ入社し、サラリーマン生活のかたわら、創作を行う。新日本文学会に入り、1958年に『青い工場』を発表し、当時の労働者作家の有望株として、八幡の佐木隆三、長崎の中里喜昭たちとともに注目された。また、『文学界』に『メカニズムNo.1』を執筆。労働現場の矛盾を心理的な側面から描く手法で注目された。
1968年に『聖産業週間』で芥川賞候補となり、1970年に『時間』で芸術選奨新人賞受賞。同年に富士重工を退社、作家活動に専念。この時、会社側から社業に専念できない人物を会社は雇うつもりはないと言われたという。その後、1984年に『群棲』で谷崎潤一郎賞、1995年に『カーテンコール』で読売文学賞(小説部門)、2000年日本芸術院会員、2001年に『羽根と翼』で毎日芸術賞、2006年に『一日 夢の柵』で野間文芸賞をそれぞれ受賞。2010年芸術院第二部部長。2014年日本芸術院長、文化功労者。
1987年から2012年まで芥川賞の選考委員を務めた。現在、毎日芸術賞、伊藤整文学賞選考委員、文化放送番組審議会委員長を務めている。また、日本文藝家協会の理事長も2002年から2007年まで務めていた。
阿刀田高とは高校の文芸部時代の知己。遠藤周作と共に「宇宙棋院」を主宰。
日本中国文化交流協会副会長・理事長を経て会長。

受賞歴

黒井千次関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

黒井千次関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sparta_cc『漫画 働くということ』は昔の製造業(名指しで言うと富士重工業)を見ることができるのでオススメしてます。黒井千次が働いていた1950年代はこうだったんだろうなというのがわかる。ただし良くも悪くも古い、男女雇用機会均等法もない時代の… https://t.co/Fy4EcaG23z
emanon_tw異を唱えるほどの識見はないのですが、通俗メロドラマとして、「失楽園」とかはどうでしょうか。まぁ未読なんですが(爆)。同じようなので黒井千次さんのカーテンコールっていうのはあったですが純文学系の先生だからまた別モノなのかも。高橋三千綱さんとかも。
kokugokyokasyo「ずっと、いるの?」テルは埃臭い空気にようやくなじみながらジーパンをはいた男の子に訊ねた。「まあ、な。」「キップが出て来るまで?」「さあ、出ては来ないだろ。」少年は愉快そうに笑った。今日からここがぼくのうちだ、とテルは咄嗟にさとった。(子供のいる駅/黒井千次/中三)
chinoboshka黒井千次さんの『老いのかたち』に続篇が2冊もあったとは知らなかった。読もう。
chukoshinsho2020年9月21日、敬老の日ですね。黒井千次著『老いのかたち』『老いの味わい』『老いのゆくえ』は、一年一年、新しい世界と向き合って歩む日常と思考を丁寧に綴るエッセイ集。また増本康平著『老いと記憶』は、加齢と人間のメカニズムを解説… https://t.co/leFFO1gKOD
umaoi_mushi黒井千次かぁ、読んだことないなぁ、というか、ブックオフで見ないなぁ、最初に読むのにオススメというよりかは、これだけはやめとけ、みたいなのを知りたいなぁ、別にそれを読むと決めたわけではないですが。
orisawa30321ちなみに私は、黒井しばに黒井千次を知って貰いたい人です。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
黒井千次さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)