トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 東浩紀

東浩紀

東浩紀さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

東 浩紀(あずま ひろき、1971年(昭和46年)5月9日 - )は、日本の批評家、哲学者、小説家。学位は博士(学術)(東京大学・1999年)。ゲンロン代表取締役社長兼編集長。
東京都三鷹市出身。学部時代の専攻は科学史、科学哲学であり、大学院時代の専攻は、哲学(現代思想、フランス現代思想)、表象文化論である。本人は「現代思想好きのオタク」を自認する。思想系の研究者としての道を歩む中で、情報社会論も専門としているが、決して社会学者ではない。大学教員としては、東京大学大学院情報学環客員助教授、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター副所長・教授、東京工業大学世界文明センター人文学院特任教授、早稲田大学文学学術院教授などを歴任している。しかし、2013年3月に早稲田大学教授を退職して、同年4月以降は大学への所属はない。詳しくは、本頁「略歴」及び「活動」の節を参照。
小説家でもあり、サイエンス・フィクション作家である(詳細については各節を参照)。日本SF作家クラブ会員だったが、2014年に脱会している。日本推理作家協会会員。
1990年代以降のニュー・アカデミズムについては、「いきなり丸山眞男みたいな近代教養主義になってしまった」として批判的である。

東浩紀新刊

  • 発売日
    2018年3月25日
  • 書名
    これからの教養 激変する世界を生き抜くための知の11講

受賞歴

東浩紀関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

東浩紀関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Sb555vxo東浩紀「日本人のなかで進む『中国人のモンスター化』」を実感 https://t.co/ITmdsmRQfJこんな中、中国人観光客がスウェーデンのホテルで、またやらかした。民族レベルの意識改革が無い限り、イメージの払拭は難しそうだ。
PeaceIsNo1東浩紀「日本人のなかで進む『中国人のモンスター化』」を実感 https://t.co/EtMOeXYGOY
socialwizdrawal東浩紀さんは基本的に環境を洞察する能力が高いだけで、環境それ自体を彼が肯定しているかどうかはまた別の話であって、非難している人間はそれがわからんのだろう。「データベース消費」とはつまり何がオリジナルであり何がオリジナルでないかわからなくなるって事で、当時はかなり先見の明があった。
bakuakita東浩紀「日本人のなかで進む『中国人のモンスター化』」を実感 https://t.co/9xqt08zsdLそろそろ本気で、「中国による日本の植民地化」の対策取らないと手遅れになりますけどね。外地(南シナ海)と内地(過疎化地方公共団体)
bunkinbo〈人間の解剖はサルの解剖のための鍵である〉 吉川浩満【東浩紀氏 推薦!!】 「ひとの定義が変わりつつあるいま、よきひととして生きることはいかに可能なのか。 その指針を与えてくれる、当代屈指の読書家による細密で... ★4.1 https://t.co/HnwFfBYNhG
naniwahou東浩紀「日本人のなかで進む『中国人のモンスター化』」を実感 https://t.co/y5KGyeSkmd★今回の件は「情報に疑問が有る」が日本の【行政、警察】がしっかりすれば何ら問題ない。≪勝手な行動を許すな ❢≫そ… https://t.co/JWfJgm7ODX
kagetura東浩紀「日本人のなかで進む『中国人のモンスター化』」を実感 https://t.co/O45mIkXR5Zデマかと思ってたが、基本、本当だったという事ですね。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
東浩紀さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)