トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 東浩紀

東浩紀

東浩紀さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

東 浩紀(あずま ひろき、1971年(昭和46年)5月9日 - )は、日本の批評家、哲学者、小説家。学位は博士(学術)(東京大学・1999年)。ゲンロン代表取締役社長兼編集長。
東京都三鷹市出身。学部時代の専攻は科学史、科学哲学であり、大学院時代の専攻は、哲学(現代思想、フランス現代思想)、表象文化論である。本人は「現代思想好きのオタク」を自認する。思想系の研究者としての道を歩む中で、情報社会論も専門としているが、決して社会学者ではない。大学教員としては、東京大学大学院情報学環客員助教授、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター副所長・教授、東京工業大学世界文明センター人文学院特任教授、早稲田大学文学学術院教授などを歴任している。しかし、2013年3月に早稲田大学教授を退職して、同年4月以降は大学への所属はない。詳しくは、本頁「略歴」及び「活動」の節を参照。
小説家でもあり、サイエンス・フィクション作家である(詳細については各節を参照)。日本SF作家クラブ会員だったが、2014年に脱会している。日本推理作家協会会員。
1990年代以降のニュー・アカデミズムについては、「いきなり丸山眞男みたいな近代教養主義になってしまった」として批判的である。

東浩紀新刊

  • 発売日
    2018年11月9日
  • 書名
    ゲンロン9 第I期終刊号

受賞歴

東浩紀関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

東浩紀関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

life_gro_bot(ラパ)評論家・東浩紀の小説デビュー作で、三島由紀夫賞も受賞したのは『○○○○○・ファミリーズ』?→クォンタム
rimbock文學界12月号東浩紀さん。「動員だけしても意味がないことはいまやはっきりしている。持続可能な批判的勢力が今後立ち上がるとすれば、それはなんらかの持続可能な組織とセットにならざるをえない。つまり、十分な知識を持ったうえで、現実ときち… https://t.co/pSUKHw0nnP
toshiramira_k東浩紀のインタビュー良かった、書く能力より話す能力の方が高いっていうのは全く納得できなかったけど笑
Ea5fThttps://t.co/TZIBl93wWM感動した。東浩紀カッコよすぎる。給料出たらゲンロン4を買うし、哲学とか文学とか好きな友人にもできるだけ勧める。
kurowiz2014物語は新たな局面へ…『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』https://t.co/NbeF27Akjthttps://t.co/rUdxvMWG0fいっぱいクリスタルがもらえる招待IDにゃ→→【TMLF4J7X】勝間和代さんに続き東浩紀さんも始めてくれないかにゃ…
kusamura_eisei東浩紀がね、どういう狙いかな?
issaku14@satodex はじめまして。東浩紀ですら『ゲンロン』の巻頭言で批評とは何かについて毎号、書き続けているくらいですから、左藤さんが知らなくても当然だと思われますので全く気にする必要はないと思われます。 『大失敗』の大成功を祈るものより笑
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
東浩紀さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)