トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 東浩紀

東浩紀

東浩紀さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

東 浩紀(あずま ひろき、1971年(昭和46年)5月9日 - )は、日本の批評家、哲学者、小説家。学位は博士(学術)(東京大学・1999年)。
東京都三鷹市出身。学部時代の専攻は科学史、科学哲学であり、大学院時代の専攻は、哲学(現代思想、フランス現代思想)、表象文化論である。本人は「現代思想好きのオタク」を自認する。思想系の研究者としての道を歩む中で、情報社会論も専門としているが、決して社会学者ではない。大学教員としては、東京大学大学院情報学環客員助教授、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター副所長・教授、東京工業大学世界文明センター人文学院特任教授、早稲田大学文学学術院教授などを歴任している。しかし、2013年3月に早稲田大学教授を退職して、同年4月以降は大学への所属はない。詳しくは、本頁「略歴」及び「活動」の節を参照。
小説家でもあり、サイエンス・フィクション作家である(詳細については各節を参照)。日本SF作家クラブ会員だったが、2014年に脱会している。日本推理作家協会会員。
1990年代以降のニュー・アカデミズムについては、「丸山眞男みたいな近代教養主義になってしまった」として批判的である。

東浩紀新刊

  • 発売日
    2019年2月26日
  • 書名
    ゆるく考える
  • 発売日
    2018年11月9日
  • 書名
    ゲンロン9 第I期終刊号
  • 発売日
    2018年11月9日
  • 書名
    ゲンロン9 第I期終刊号

受賞歴

東浩紀関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

東浩紀関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

consaba【新刊】『ゲンロンβ36』東浩紀責任編集  〈新連載〉亡霊建築論 本田晃子、つながりロシア 高橋沙奈美/「ダイナマイト・トラベラー」の旅 飴屋法水、マンガ教室レビュー さやわか、専業作家の仕事 吉上亮/大山顕/星野博美/吉田雅史… https://t.co/Owgq8AQu0d
cimu_pocketで。ただ今消化中。東浩紀「平成という病」が刺さった。私は物心ついてから30年まるまる平成を生きてきて、無気力で無感覚で祭りにも乗りきれない。ただその後に何が起きるのか、本当に恐ろしい。祭りへの期待はどこに向かうのか。
s_hayakawa【ニコ生タイムシフト視聴中(2019/04/20 19:00放送)】【生放送】石田英敬×津田大介×東浩紀「脳とメディアが広告と出会うときーー『新記号論』刊行記念イベント第2弾」 @nulptyx @tsuda @hazuma https://t.co/v89KubFAhl
syuichiao89単純に東浩紀さんの文章はかっこよいんだよなぁ。そしてエッセイはやはり読みやすくて良い。良質な文章にたくさん触れられることは幸せなことだ。【書籍紹介】ゆるく考える ―ラジカルにゆるく - 思想的、疫学的、医療について https://t.co/Oh2m1e8wjf
maruomarukido東浩紀さん、別にまっとうなことを言ってることも多いと思うが、彼の保守・リベラル観に一度もピンときたことがなくて、かなり独自の概念なのかなと思うことがある
abokadou「大乗仏教は外部の不思議な力によって救われる道」かぁ……不思議な力=誤配と考えると、東浩紀の哲学=大乗仏教的と言えるかもな。https://t.co/ANM9sswPkC https://t.co/UCqrztridM
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
東浩紀さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)