トップページ > 作家名一覧 > ふから始まる作家名一覧 > 福田和也

福田和也

福田和也さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

福田 和也(ふくだ かずや、1960年(昭和35年)10月9日 - )は、日本の文芸評論家。慶應義塾大学環境情報学部教授。株式会社BSフジ番組審議会委員。
東京都北区田端出身。高校生の時に神奈川県葉山町に転居。
慶應義塾大学在籍時には古屋健三に師事。フランス文学研究の主流への激しい反発から「誰もテーマに選ぼうとしなかった」ファシズム作家を研究対象に選び、第二次世界大戦時にナチス・ドイツに積極的に協力したフランスの文学者(コラボラトゥール作家)を研究テーマに選択する。国書刊行会の編集者・佐々木秀一に要請され執筆した『奇妙な廃墟――フランスにおける反近代主義の系譜とコラボラトゥール』で出版デビューを果たす。しかし執筆は難航、大学院在学中の2年、大学を出て家業を手伝いながら3年、それも辞めて執筆に専念しての2年の計7年間が費やされた。
『奇妙な廃墟』で江藤淳に見出され1990年、月刊誌『諸君!』に「遥かなる日本ルネサンス」を連載発表し論壇デビュー。近代日本の文芸評論を軸とした文筆活動から開始し、『日本の家郷』により第6回三島由紀夫賞を受賞。続いて『甘美な人生』で平林たい子賞受賞。『地ひらく』で山本七平賞、『悪女の美食術』で講談社エッセイ賞受賞。
以降は『文藝春秋』『週刊新潮』『産経新聞』『週刊現代』『SPA!』『週刊文春』などの多岐にわたる雑誌や新聞で、歴史、政治、社会、音楽、人生論、実用書等、幅広い分野で執筆活動を続けている。ラジオではニッポン放送の様々な番組にコメンテーターとして出演。 テレビに出演することはBSフジの『メッセージ.jp』の聞き手以外殆ど無かったが、2006年4月から毎月第三金曜日の「とくダネ!」のレギュラーとなりテレビ出演を解禁した。
執筆活動の傍ら慶應義塾大学環境情報学部で教えているが学会活動はしていないと公言。江藤淳の奨めでかつては比較文学会に所属していたが、現在はどの学会にも所属していないとされる。慶大の非常勤講師を始めた際、江藤から、批評に専念するのではなかったのかと叱責されたが、その後江藤が慶大助教授の職を斡旋してくれたと語っている。福田ゼミ出身者には、一青窈、佐藤和歌子、酒井信、大澤信亮、鈴木涼美などがいる。
2003年に柳美里、坪内祐三、リリー・フランキーとの共同編集で、文芸誌『en-taxi』を創刊、のち柳が抜けるが、『SPA!』では坪内と連載対談を続けており、現在まで坪内との関係が最も深い。『en-taxi』ではしばしば立川談志へのインタビューを行っており、落語にも造詣が深い。
現在は三島由紀夫賞選考委員、新潮新人賞選考委員を務めている。

受賞歴

福田和也関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

福田和也関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

roumanha7佐藤春夫の「精神」の乗物として、というよりも「精神」その物として「しやべるやうに」文は書かれた。それは記紀万葉の一節を、十九世紀フランスの流行歌と連唱し、明末の悲恋を大正の倦怠と重ね合わせる時間と距離を問題にしない最高速の乗物だ。精神の散文/福田和也
Yokky041スタイルっていうのは、断念と禁欲と諦念によって出来上がっているものだからね。頑迷さと。馬鹿にされるぐらい、呆れられるぐらい、マッスにはまったく理解されないぐらい、頑迷でいてほしいし、いたいもんだ。-福田和也 「贅」の研究
freakscafe川端康成で思い出すのは、芸者遊びの話。座敷に数人の芸者を呼び、並んで座らせ、ただ凝っと眺めて酒を飲んだ。芸者たちは、あのギョロッとした眼に見詰められ、身動ぎもできず、ただ居竦まっていたのだという。たしか福田和也のエッセイで読んだように記憶する。
snoozett明日のカラオケ用にミスチルを仕込んだ、、そういえば彼らのデビュー時に福田和也が日本のプリファブ・スプラウトだ!と絶賛してたのを思い出した
iqsiqsiqsあと談 - [著]坪内祐三 : 福田和也 - 犬耳書店 https://t.co/tzp1FeYySq
amavorto@doc_biomath これは福田和也さんも何かの本で述べていましたが、戦後の自由貿易体制で最も利益を享受してきたのは他ならぬ日本です。資源が乏しい日本は、国際経済が自由貿易体制でないと、著しい困難に立たされます。昭和初期は一回… https://t.co/YAes5MkH11
ak6kxj26急ぐということは、それだけで考えないということであり、見ないということでもある。その事になかなか、人は気づかない。(福田和也『人間の器量』)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
福田和也さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)