トップページ > 作家名一覧 > ふから始まる作家名一覧 > 福田和也

福田和也

福田和也さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

福田 和也(ふくだ かずや、1960年(昭和35年)10月9日 - )は、日本の文芸評論家。慶應義塾大学環境情報学部教授。株式会社BSフジ番組審議会委員。
東京都北区田端出身。高校生の時に神奈川県葉山町に転居。
慶應義塾大学在籍時には古屋健三に師事。フランス文学研究の主流への激しい反発から「誰もテーマに選ぼうとしなかった」ファシズム作家を研究対象に選び、第二次世界大戦時にナチス・ドイツに積極的に協力したフランスの文学者(コラボラトゥール作家)を研究テーマに選択する。国書刊行会の編集者・佐々木秀一に要請され執筆した『奇妙な廃墟――フランスにおける反近代主義の系譜とコラボラトゥール』で出版デビューを果たす。しかし執筆は難航、大学院在学中の2年(1983年4月~1985年3月)、大学を出て家業の福田麺機製作所を手伝いながら3年、それも辞めて執筆に専念しての2年の計7年間が費やされた。
『奇妙な廃墟』(国書刊行会、1989年12月)で江藤淳に見出される。

受賞歴

福田和也関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

福田和也関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

cave6kbn_b急ぐということは、それだけで考えないということであり、見ないということでもある。その事になかなか、人は気づかない。(福田和也『人間の器量』)
powder0311新潮がウヨってるって言われても、櫻井よしこをずっとプッシュしてきた出版社なんだが。これについては福田和也も右翼趣味に走らせた一因だと思う。むしろ薬物強姦の山口敬之を新潮でやったことの方に「え、週刊新潮でそれやるんだ」って驚いた。
orbfzなぜかいつの時代にも一人は自称「文芸評論家」のウヨクがいるものだが、ここまで本業の実態がないのは珍しい。福田和也だって本業ちゃんとやってウヨってたのに、これじゃパチスロが本業の自称“ロッカー”みたいだ。
roumanha7佐藤春夫の「精神」の乗物として、というよりも「精神」その物として「しやべるやうに」文は書かれた。それは記紀万葉の一節を、十九世紀フランスの流行歌と連唱し、明末の悲恋を大正の倦怠と重ね合わせる時間と距離を問題にしない最高速の乗物だ。精神の散文/福田和也
6kxsm急ぐということは、それだけで考えないということであり、見ないということでもある。その事になかなか、人は気づかない。(福田和也『人間の器量』)
KNM2002「新潮45」は福田和也の生存確認用の雑誌という認識。あと「アートコレクターズ」。
ochitohfu福田和也が「オバハンでも分かる××」なる連載を執筆していた時は、読者層の想定が不分明であった『新潮45』であったが、皮肉にも現在の方がターゲットが明確になった。なので、今後の方向転換は至難の業だろう。嗚呼(>.<)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
福田和也さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)