トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 今村夏子

今村夏子

今村夏子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

今村 夏子(いまむら なつこ、1980年2月20日 - )は、日本の小説家。広島県広島市安佐南区生まれ。大阪市在住。
広島県内の高校を経て大阪市内の大学を卒業。29歳の時、職場で「あした休んでください」といわれ、帰宅途中に突然、小説を書こうと思いついたという。そうして書き上げた「あたらしい娘」が2010年、太宰治賞を受賞した。同作を改題した「こちらあみ子」と新作中篇「ピクニック」を収めた『こちらあみ子』(筑摩書房)で、2011年に第24回三島由紀夫賞受賞。「こちらあみ子」には、子どもの頃の郷里の思い出も散りばめ、広島弁もさりげなく登場する。2014年刊の『こちらあみ子』ちくま文庫版に新作「チズさん」が併録されたが、それ以外に作品の発表はなく、半引退状態となっていた。
2016年、西崎憲に声をかけられ、西崎が編集長をつとめる新創刊文芸誌書肆侃侃房〈たべるのがおそい〉で2年ぶりとなる新作「あひる」を発表し、第155回芥川龍之介賞候補に挙がった、第39回野間文芸新人賞受賞。2019年、『むらさきのスカートの女』で第161回芥川賞を受賞。2019年度咲くやこの花賞受賞。
2013年に結婚し、大阪市内で夫と娘と3人暮らし。庄野潤三の長女(1947年生れ)は同姓同名の別人。岡山市出身の小川洋子を「神様みたいな人」と敬愛し、「ずっとあんなふうに書いていけたらすてき」と話している。
2020年2月、広島市民賞を受賞。

受賞歴

太宰治賞

第26回2010年

太宰治賞

今村夏子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

今村夏子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kozutango湊かなえの「リバース」を読了。後味悪くて、読んだ後、気持ちがどよーんとしてしまった。次に読むのが今村夏子の「星の子」。これも後味悪そうだなぁ…
shi_ranai_machi今村夏子著 こちらあみ子 のことを考えていた
MUGinWDLてことで、「星の子」を読んでで気になってた今村夏子さんのデビュー作「こちらあみ子」を読んだ。短編集で、あみ子の話しかまだ読んでないけど、少し打ち震えてしまった。延々と辛く悲しい出来事が連なる中で、それを引き起こした張本人が底… https://t.co/2VUS0MxtP0
InfoJunktion河津聖恵『青の太陽』(思潮社、2004)宇野邦一『〈単なる生〉の哲学――生の思想のゆくえ』(平凡社、2005)丸川哲史『思想課題としての現代中国――革命・帝国・党』(平凡社、2013)今村夏子『あひる』(書肆侃侃房、2016)
xtc1961ymoナイス 【こちらあみ子 (ちくま文庫)/今村 夏子】私はこの本から今村夏子さんの一連の作品へ入っていった訳ですが、後から振り返ってみれば見事にその後の作品に繋がるエッセンスの凝縮された名作。町田… → https://t.co/f5VMthaOlX #bookmeter
toshi178bz他人の評価を気にしていませんか?私は気にしすぎて行動できないことがありますが、今村夏子さんの小説『むらさきのスカートの女』を読んで、気にする必要はないことがわかりました。人によって評価は大きく変わることがわかる物語なんですよね。… https://t.co/npXacJ0Ocn
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
今村夏子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)