トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 舞城王太郎

舞城王太郎

舞城王太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

舞城 王太郎(まいじょう おうたろう、1973年 - )は日本の小説家。福井県南条郡今庄町(現・南越前町)出身。
学歴・職歴は非公表の覆面作家であり、三島由紀夫賞の授賞式にも欠席した。同賞の受賞者で式典に欠席したのは舞城がはじめてである。このことをうけ、モブ・ノリオが『介護入門』で第131回芥川龍之介賞を受賞した際の記者会見で「どうも、舞城王太郎です」と挨拶した(後述の通り、同回の芥川賞では、本人も候補になっている)。
ミステリ小説『煙か土か食い物』で第19回メフィスト賞を受賞しデビューした。その後『暗闇の中で子供』『世界は密室でできている。』を矢継ぎ早に発表。講談社ノベルスで洋書のようなカバーデザイン、ミステリの定型に対して挑発的なストーリー進行、入り組んだ物語をスピーディに展開させる文体と作劇が評価された。
以降も書き下ろしをメインにしつつ、文芸誌『ファウスト』においていくつかの短篇とイラスト・コミックを発表、西尾維新、佐藤友哉などの同時期にデビューした作家と誌面の看板として活躍する。
2001年に短編「ピコーン!」で日本推理作家協会賞の候補となる。同年『群像』に発表し第15回三島由紀夫賞候補となった短編「熊の場所」以後は純文学にも活動の幅を広げ、2003年に『阿修羅ガール』にて選考委員の筒井康隆が評価し第16回三島由紀夫賞を受賞した。
他にも『好き好き大好き超愛してる。』『ビッチマグネット』『短篇五芒星』でそれぞれ第131回(2004年上半期)・第142回(2009年下半期)・第147回(2012年上半期)の芥川龍之介賞候補作となっている(いずれの選考でも、主に池澤夏樹・山田詠美が推している)。第131回において、石原慎太郎は「タイトルを見ただけでうんざりした」と評し、また三島由紀夫賞の選考では、宮本輝が「面白くもなんともないただのこけおどし」と評した。
2005年12月、映画・ドラマ・アニメ・ゲームなどの映像作品を企画・制作・販売するユニット「REALCOFFEE」に所属が確認されている。
2007年12月15日から2008年2月17日にかけて東京都写真美術館で映像工夫館展の一環として開催された「文学の触覚」(企画協力:講談社「群像」、NHKエンタープライズ)において、「舞城小説粉吹雪」というタイトルで参加。同名の書き下ろし小説の創作過程(展示期間中も随時更新)におけるタイピング記録を、「Type Trace」というソフトウェアを使って記憶・再生する作品を展示した。また、20年度の第12回文化庁メディア芸術祭にも審査委員会推薦作品に[タイプトレース道〜舞城王太郎之巻]として選ばれた。その際は、「舞城小説粉吹雪」の他、新たに「せれくたん」(NHKBSのテレビ番組「ねっとすたー」の小説)の冒頭の一部などが展示された。
久々の単行本発売となった1000ページ超の長編『ディスコ探偵水曜日』も豊崎由美や大森望から称賛され、『このミステリーがすごい!』でベスト10以内にランクインを果たしている。
2010年には乙一・秋田禎信らとのコラボレーション企画としてライトノベルシリーズ『魔界探偵冥王星O』を越前魔太郎名義で発表。舞城自身も9月に刊行された『魔界探偵冥王星O デッドドールのダブルD』の執筆を担当する。

舞城王太郎新刊

  • 発売日
    2018年10月27日
  • 書名
    私はあなたの瞳の林檎

受賞歴

舞城王太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

舞城王太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

charmychami舞城王太郎「好き好き大好き超愛してる」読了。まずこのタイトル。一度聞いたら忘れない。そして文体も非常に特徴がある。庄司薫さんを思わせる文体は読む人を選ぶかもしれない。#読了
entotsu_jpn清涼院流水の『コズミック』『ジョーカー』やそれを一部パロディした舞城王太郎の『ディスコ探偵水曜日』はありとあらゆるサインからそれぞれ整合的で説得力のある「推理」を構築する「名探偵」たちを滑稽に描くことによって何にでも意味を読み取ろうとする人間のあり方をコメディ化していておもしろい
homie_catnap途中、星の光が自分の身体もキラキラ照らして嬉しかった。舞城王太郎の『好き好き大好き超愛してる。』を思い出したりした。このままずっと朝が来ないでほしいと思った。
k1ryu_nichijo「映画は因数分解だ」という北野武の意見に自分は概ね同意してて、それは映画に限らず小説でもアニメでも同じだと思うけど、その主張に真っ向から対立してほぼ全部詰め込んで表現し切る力技には感服した。活字で言えば、句読点を排除して書き込みをした舞城王太郎に近い何某かを感じた。
rulerse@lovejpnmyths アニメ「lain」大好き。lainで神が出てくるのは(森博嗣先生が小説のタイトルに使ってる)「デボラの世界」の統失の世界観の一例からきてるのでは、と最近考えます。タイトルといえば舞城王太郎先生に「好き好… https://t.co/A3iZZJZXfI
tsuyotani92『大恋愛』観ていると、何故だか舞城王太郎さんの『好き好き大好き超愛してる』のことを想ってしまう。恋と小説。小説と恋。
me_reading阿部和重『シンセミア』綾辻行人『時計館の殺人』伊坂幸太郎『砂漠』小野不由美『屍鬼』近藤史恵『サクリファイス』恒川光太郎『風の古道』梨木香歩『家守綺譚』羽田圭介『スクラップ・アンド・ビルド』舞城王太郎『好き好き大好き… https://t.co/7UibSXrPLq
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
舞城王太郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)