トップページ > 作家名一覧 > とから始まる作家名一覧 > 東郷隆

東郷隆

東郷隆さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

東郷 隆(とうごう りゅう、1951年12月16日 - )は、 日本の小説家。
神奈川県横浜市生まれ。國學院大學経済学部卒。國學院大學文学部博物館学助手をしつつ、模型サークル「カンプ・グルッペ・ジーベン」の一員として1970年代の『ホビージャパン』誌や『モデルアート』誌で戦車や大砲の模型製作記事を書いていたが、後に『コンバットマガジン』編集部へと移る。
1982年、ソ連のアフガン侵攻時のアフガニスタンルポをまとめたノンフィクション『戦場は僕らのオモチャ箱』を上梓する。西側のメディアでは初めて、ムジャーヒディーンにより捕獲された分隊支援火器タイプのRPK-74の実物を確認・紹介した。その後、“定吉七番”シリーズや“ヘルガ”シリーズ等の小説を発表し、小説家の道へ進む。
1990年、幻想歴史小説集『人造記』を発表、同作が第104回直木賞候補に選出される。以降、多くの歴史・時代小説を発表する。

受賞歴

東郷隆関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2013.4.10 受賞録:舟橋文学賞と奨励賞、400部作成 図書館、学校に寄贈−−彦根 /滋賀

    彦根市は、昨年秋の第24回舟橋聖一顕彰青年文学賞、第27回舟橋聖一顕彰文学奨励賞の受賞録を400部作成。全入賞者やその在学校、県内や隣接県の図書館、大学、彦根市内の全小、中学校、高校などに寄贈した。

  • 2012.11.21 舟橋聖一顕彰青年文学賞:最優秀賞に日大4年の額賀さん

    滋賀県彦根市は20日、第24回舟橋聖一顕彰青年文学賞の最優秀賞(賞金50万円)に東京都中野区の日本大芸術学部4年、額賀澪(ぬかが・みお)さん(22)=の小説「俺とマッ缶の行方」を選んだと発表した。佳作(同10万円)は大阪府箕面市の作家志望、松田公平さん(27)=ペンネーム=の小説「リグレット」。

東郷隆関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

suiaendman定吉七番シリーズ 全6冊合本版 (講談社文庫) 東郷隆 https://t.co/wVfbNs1B4f @amazonJPより
ibahachiro_bot「情けない藩ではあることよ」伊庭は、城を去るにあたって藩士の一人に向い、こう吐き捨てたという。「反復再三怯懦千万、堂々たる十一万石中、また一人(いちにん)の男児なきか!」(『岡崎脱藩戊辰戦争記略』)(東郷隆『我餓狼と化す』)
mys_sus_bot【順番当て】次の作家・東郷隆の「定吉七番」シリーズの作品を刊行された順に選びなさい『ロッポンギから愛をこめて』→『角のロワイヤル』→『ゴールドういろう』
seabuki東郷隆さんの「定吉七番」でこの「インド人のふんどし」がネタに使われてたのが思い出される。 https://t.co/nSoTcMlnyj
kynlkztr東郷隆の作品もそのころ消えた。定吉セブンとかむしろ今になって読みたい。
alen_bluebeehttps://t.co/JgkulixRLb 東郷隆がメカニックマガジンに毎回連載していたムチャクチャなコラムで「逝ぬんやっ!みんなでぱらいそに逝ぬんやっ!」ってラスボスが喚いて絶滅する爆発オチの回があったが、元ネタは岸辺シ… https://t.co/7vABcn4IoH
officeARKPCエンジン『定吉七番 秀吉の黄金』。1988年11月18日発売。原作は東郷隆氏の同名小説で、“さだきちセブン”と読みます。スパイ組織に所属する主人公の物語。コメディ路線ではありますが、かなりしっかりとしたAVGです。当時に… https://t.co/fqzFkpfOJc
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
東郷隆さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)