トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高村薫

高村薫

高村薫さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

高村 薫(たかむら かおる、1953年2月6日 - )は、日本の小説家。女性。独身。
大阪府大阪市東住吉区生まれ。大阪府吹田市在住。1971年、同志社高等学校卒業。1975年、国際基督教大学教養学部人文学科卒業(専攻はフランス文学)、卒業後は外資系商社勤務。現在、高村の「高」は、「髙」(はしご高)に統一されている。
1989年、『リヴィエラ』で第2回日本推理サスペンス大賞最終候補。
1990年、『黄金を抱いて翔べ』で第3回日本推理サスペンス大賞受賞。
1992年
**『神の火』で第5回山本周五郎賞候補。
**『リヴィエラを撃て』で第11回日本冒険小説協会大賞受賞。
**「アルコホリック・ホテル」で第45回日本推理作家協会賞短編および連作短編集部門候補。
**咲くやこの花賞受賞。
1993年
**『リヴィエラを撃て』で第6回山本周五郎賞候補、第46回日本推理作家協会賞長編部門受賞。
**「ステーション・パーラー」で第46回日本推理作家協会賞短編および連作短編集部門候補。
**『わが手に拳銃を』で第14回吉川英治文学新人賞候補。
**『マークスの山』で第109回直木賞受賞、第12回日本冒険小説協会大賞受賞、『このミステリーがすごい!』1994年版国内第1位。
1997年、『レディ・ジョーカー』で毎日出版文化賞受賞。
1998年、『レディ・ジョーカー』で『このミステリーがすごい!』1999年版国内第1位。
2006年、『新リア王』で第4回親鸞賞受賞。
2010年、『太陽を曳く馬』で第61回読売文学賞受賞。
2014年、織田作之助賞選考委員(第31回より)
2017年、『土の記』で第70回野間文芸賞受賞。
*2018年、『土の記』で第44回大佛次郎賞受賞。
2018年、『土の記』で第59回毎日芸術賞受賞。

受賞歴

高村薫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

高村薫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

qma_lsjnat_bot作家・高村薫の福澤一族を巡る三部作を古い順⇒晴子情歌→新リア王→太陽を曳く馬 こちらは「福澤一族」。合田雄一郎刑事とは別問。3つ固定
passage_botちょっと見たことのない整った目鼻立ちをしており、中でもその目は、今もまたあらためて一彰の目を引きつけた。男の目は、黒曜石のような光沢を放つ黒目と白磁の白目が、鮮やかな切れ長の枠の中に納まっており、ゆったりと落ちていく瞼の下でその黒曜石の黒目がすうっと動くのだ。―「李歐」高村薫
dortmunder_k@nsk_mirn @akihiko89 敢えて和モノで高村薫『リヴィエラを撃て』井上淳『懐かしき友へ–オールド・フレンズ』景山民夫『虎口からの脱出』どれも洋画のテイストです。
nininooneイギリスの警察ものとはちょっと違うけど、高村薫の「リヴィエラを撃て」を最初に思いついた✨舞台はアイルランドと日本とイギリスで、警察とスパイとピアニストと貴族?ロンドンのシーン、どこも素晴らしい細かい描写で、今でもまるで映像を見たかのように、画として思い出せる。
maya_qmabot【ラタイ】第3回日本推理サスペンス大賞を受賞した、作家・高村薫の処女作は『○○を抱いて翔べ』? →おうごん(黄金)
hmk_bngk_bot「わが手に拳銃を」高村薫/「その前にベッドを作ろう。俺たちのベッドは札束。ベッドの下は草の大地。天蓋は青天の白雲よ。そうして渡る川が三途の川でも恨まないなら、俺はあんたのもの。あんたは俺のもの」
YutaSouma1学校は自分が40分の1だと初めて学ぶ場所。高村薫(小説家・詩人・歌人・俳人)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
高村薫さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)