トップページ > 作家名一覧 > とから始まる作家名一覧 > 富岡多恵子

富岡多恵子

富岡多恵子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

富岡 多惠子(とみおか たえこ、1935年7月28日 - )は、日本の詩人・小説家・文芸評論家、日本芸術院会員。上方お笑い大賞選考委員。静岡県伊東市在住。現代美術家の菅木志雄は夫。
大阪府大阪市出身。大阪府立桜塚高等学校、大阪女子大学文学部英文科卒業。池田満寿夫と同棲していたことがあり、当初詩人として出発したが、1970年代初めから小説を書き始めた。多数の詩・小説・評論・エッセイがある。また映画のシナリオも書いている。
1976年、坂本龍一作曲によりアルバム「物語のようにふるさとは遠い」を発表している。
フェミニストであり、上野千鶴子、小倉千加子との鼎談『男流文学論』を刊行している。また、大阪の芸能への傾倒が大きく、秋田實の評伝の執筆などをしている。
2008年に芸術院会員。

受賞歴

富岡多恵子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

富岡多恵子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

itamitakashiまあ、確かに、漁師が水死して腐乱しても、着ているアラン・ジャンパーの模様で、どこの誰かわかる、というのは、強烈な印象がありますよね。私は富岡多恵子の小説で知ったのですが。
breakthrough_jp相手の全部を受け入れることと相手の中身を変えることの両方をやってのけないことにはアイシテルもヘチマもないのである。(富岡多恵子)
taneri777@bunshun_online 今回の騒ぎをみていて、富岡多恵子の言葉を反芻している。「若いころの恋愛は発情にすぎない」というんだけど。
lDjKmBaUWYKJCQN奈良市ならまちの「いかり文庫」は本日12時に開店します。女友達/富岡多恵子/思潮社1964年発行/献呈署名入り/カバーVカバー付きそこに蛇がいる/山本道子/思潮社1968年発行/献呈署名入り/Vカバー付き https://t.co/OVMDnKQUHb
fampineお薦めの『現代詩文庫』の続き。自分の詩の読みの幅を素敵に広げてくれたのは、「富岡多恵子」と「岩田宏」。はじめて読んだ時には、こういうのも詩なんだと驚いた。気がつくと、たまに無性に読みたくなる。
mousukoshiikite牟礼慶子、富岡多恵子、吉行理恵、森原智子。もっとじっくり読みたいなあ。森原智子さんだけが詩文庫がないから待望。
inatyu_takkyubu相手の全部を受け入れることと相手の中身を変えることの両方をやってのけないことにはアイシテルもヘチマもないのである。(富岡多恵子)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
富岡多恵子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)