トップページ > 作家名一覧 > とから始まる作家名一覧 > 富岡多恵子

富岡多恵子

富岡多恵子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

富岡 多惠子(とみおか たえこ、1935年7月28日 - )は、日本の詩人・小説家・文芸評論家、日本芸術院会員。上方お笑い大賞選考委員。静岡県伊東市在住。現代美術家の菅木志雄は夫。
大阪府大阪市出身。大阪府立桜塚高等学校、大阪女子大学文学部英文科卒業。池田満寿夫と同棲していたことがあり、当初詩人として出発したが、1970年代初めから小説を書き始めた。多数の詩・小説・評論・エッセイがある。また映画のシナリオも書いている。
1976年、坂本龍一作曲によりアルバム「物語のようにふるさとは遠い」を発表している。
フェミニストであり、上野千鶴子、小倉千加子との鼎談『男流文学論』を刊行している。また、大阪の芸能への傾倒が大きく、秋田實の評伝の執筆などをしている。
2008年に芸術院会員。

受賞歴

富岡多恵子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

富岡多恵子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

matsurara富岡多恵子の短編『犬が見る景色』を読み返す。初読の時は不気味だと感じたが二度目ははっきり怖かった。書かれたのは昭和49年。今の人が読めばフェミニズム小説の先駆と評するだろう。しかしこの短編に出てくる男の怖さは、男という性の暴力性「だけ」に着地点を求めることができない。さらにその先
Quouq1 #読了 幸福富岡多恵子 講談社文庫子供は三人いて一番上は九才で一番下は今年最初の夏休みを迎え、子達はいま妻の実家に行っている。久しぶりの母親と二人だけの食卓でめぼしい話題もないが若い頃と違うのは犠牲にした不幸を共有していること… https://t.co/6ieSK3sV4x
breakthrough_jp相手の全部を受け入れることと相手の中身を変えることの両方をやってのけないことにはアイシテルもヘチマもないのである。(富岡多恵子)
aku_yu_bot[篠田正浩の言葉]「心中天網島」でいっしょに仕事をした詩人の富岡多恵子さんが「阿久さんの詞は、現代詩にとっては困難な言葉を、実に楽々と使いこなしている」と言っていた。-『こだわり人物伝』(2008)
ermin_uni富岡多恵子氏や安藤礼二氏の、折口信夫について「何もかも(藤無染との)同性愛による産物」とする解釈に渋面になった研究者が、冷静な分析で彼らのドリームを薙ぎ払う考察論文が面白い。「もちろん同性愛者なのは揺るぎない事実ではあるけれども」… https://t.co/Uya48rxcNO
Abeno_Reg_Cust【あべの古書店通販サイト】荒木経惟写真全集2 裸景/平凡社/1996年初版1刷荒木経惟推論◆富岡多恵子https://t.co/T3gzCNmUgJ通販用の商品です。店頭にはおいてございませんので、ご覧になりたい方は事前… https://t.co/DVWOBXBLn1
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
富岡多恵子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)