トップページ > 作家名一覧 > のから始まる作家名一覧 > 野口冨士男

野口冨士男

野口冨士男さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

野口 冨士男(のぐち ふじお、1911年7月4日 - 1993年11月22日)は、日本の小説家。戸籍名は平井冨士男。日本文芸家協会理事長。
東京市麹町区生まれ。1913年に両親が離婚。慶應義塾幼稚舎では同級生に岡本太郎がいた。慶應義塾普通部を経て慶應義塾大学文学部予科に進むが留年し、1930年に中退。1933年、文化学院文学部卒。
卒業後は紀伊国屋出版部で『行動』の編集に当たったが、1935年、紀伊国屋出版部の倒産に伴って都新聞社に入社。昭和十年代、『あらくれ』『現代文学』などの同人雑誌に執筆する。1936年から1937年まで河出書房に勤務。1937年、母方の籍に入って平井姓となる。
第二次世界大戦末期に海軍の下級水兵として召集され、営内で日記を密かに付けた。栄養失調となって復員。1950年ごろから創作上の行き詰まりを感じ、徳田秋声の研究に専念。約10年を費やして秋声の年譜を修正。次いで無収入同然で秋声の伝記を執筆し、「我が家は三人家族だが四人暮らしである。妻と一人息子の他に徳田秋声という同居人がいる」と語った。このころ東京戸塚(現在の東京都新宿区西早稲田)の自宅の一部を改造して学生下宿を営む。
1965年、1500枚の『徳田秋声伝』で毎日芸術賞。このころから創作の道に復帰し、1976年『わが荷風』で、1979年『かくてありけり』で読売文学賞を、1980年、短編「なぎの葉考」で川端康成文学賞を受賞。1982年、日本芸術院賞。1986年、『感触的昭和文壇史』で菊池寛賞。1987年、日本芸術院会員。1984年から日本文藝家協会理事長を務めた。
他の代表作に小説「暗い夜の私」(1969年)などがある。呼吸器不全のため自宅で死去。
膨大な日記が残されているが、息子の平井一麦(1940年生まれ)が『六十一歳の大学生、父野口富士男の遺した一万枚の日記に挑む』(文春新書、2008年)で一端を明らかにした。2011年、野口冨士男生誕百年記念出版として、1945年8月15日から1947年1月12日までの日記(1945年8月15日から同年8月24日までは『海軍日記』から転用)が、越谷市立図書館と野口冨士男文庫運営委員会(会長、松本 徹)の編集により、『越ヶ谷日記』の表題で刊行された。

受賞歴

野口冨士男関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.9.10 【書評】『父、断章』 辻原登著

    評・尾崎真理子(本社編集委員) 昭和を生きた日本人 七つの短編のうち五つが、作者の生い立ちと接点を持つ。自伝的と呼ぶには断続的で空白が多く、年譜ともずれがある。にもかかわらず、読み終える頃には「辻原登」という生身の小説家が、紀伊半島の輪郭の中に姿を現す。

野口冨士男関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

bikasebu(エフェ)1972年に刊行された作家・秦恒平の代表作 慈子 Aあつこ/(エフェ)作家・小栗風葉の足跡を辿った野口冨士男による評伝です 誄歌 Aるいか/(エフェ)1937年に出版された吉屋信子の代表作は『○○の貞操』? 良人 Aおっと
mizukami_jidai「真暗な朝」を含む野口冨士男の『暗い夜の私』を引っ張り出して読んだら、戦後本郷の徳田秋聲旧宅は戦災を免れたために多くの作家が集まる場所となっていて、野口はそこで広津和郎、谷口吉郎、武田麟太郎、北川桃雄、野田宇太郎、水上勉らと会ったと。やはり水上も徳田家へ足を踏み入れていたようです
kameiasamiいたとのこと。その姉の娘が関行男の妻満里子であったとは、この作品で知りました。なお、戦後すぐ角川源義の発案で秋聲全集の出版が企画されたとき、武田麟太郎と水上勉と野口冨士男との三人で徳田一穂宅を訪れた折のことが、上記引用の後に書かれています(麟太郎はその数日後に急死しました)。
dadada_dagda【本の購入メモ】稲葉真弓『声の娼婦』(講談社)野口冨士男『しあわせ|かくてありけり』(講談社文芸文庫)ユーディット・ヘルマン『夏の家、その後』(河出書房新社)
kubotakashi6074野口冨士男を読んでいて、やはり私小説はいいなと思う。
eguchi2020野口冨士男先生の『海軍日記』を読むと、横須賀海軍基地とかでもたびたび疫病が発生していることがわかる。先生はそれを生き延びるのもせいいっぱいって感じ。
orisawa30321野口冨士男の小説を読んでいるのだけど、間淵宏なる新宮出身で巨漢の作家が出て来て、おっとっとって感じになってる。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
野口冨士男さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)