トップページ > 作家名一覧 > わから始まる作家名一覧 > 和田芳恵

和田芳恵

和田芳恵さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

和田 芳恵(わだ よしえ、1906年4月6日 - 1977年10月5日 男性)は、日本の小説家、文芸評論家。編集者の傍ら樋口一葉研究に没頭。多くの伝記・研究をまとめた。私小説作家としても知られ、晩年には老人の性愛を描いた短編で注目された。
北海道山越郡長万部町出身。北海中学(現北海高等学校)、中央大学法学部独法学科卒業。新潮社勤務のかたわら同人誌に小説を執筆。
樋口一葉研究を行い、第二次世界大戦中に『樋口一葉研究』(1942年)などを刊行した。
戦後は大地書房に勤務、小説雑誌『日本小説』を創刊(「中間小説」を創始したと評される)。日本小説社を興して同誌の刊行を続けるが、経営に失敗し多額の負債を抱え、1949年から1952年まで失踪。
1953年より塩田良平と『一葉全集』を共編。1956年『婦人朝日』に名作モデル探訪を連載し、田山花袋の小説「蒲団」のモデル岡田美知代から最後の談話をとった。書き下ろしで刊行した『一葉の日記』(1956年)で、1957年日本芸術院賞を受賞。
小説『塵の中』で1963年下半期の直木賞を受賞。1975年『接木の台』で読売文学賞、1977年『暗い流れ』で日本文学大賞、1978年「雪女」で川端康成文学賞受賞。また『筑摩書房の三十年』(非売品、1970年)を執筆担当した。
1966年より土浦短期大学教授として日本文学を講じた。
1977年、十二指腸潰瘍による出血多量のため東京都大田区上池台の自宅で死去。墓所は茨城県古河市の宗願寺。

受賞歴

和田芳恵関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

和田芳恵関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kenyannyan和田芳恵って女だと思ってたわ
consaba【新刊】『小説 みだれ髪 』和田芳恵(小学館)大阪・堺で和菓子店を営む家に生まれた鳳晶子。幼い頃から文学に親しんでいた少女は、やがて短歌の世界にのめり込み、入会した関西青年文学会でみずみずしい歌を披露するようになる。https://t.co/6c0bHV8UnX
2B12FxaEvT8G6plP+D BOOKS小説 みだれ髪和田芳恵(著/文)発行 小学館B6判 272ページ 定価 700円+税ISBN978-4-09-352440-7書店発売日2022年5月12日 https://t.co/iF4HssMeks
sgkbook_novel「小説 みだれ髪」|現代小説|文学・小説|書籍|小学館和田芳恵https://t.co/zLIqIGNQXr
dadada_dagda【本の購入メモ】里見弴『初舞台|彼岸花 里見弴作品選』(講談社文芸文庫)津島佑子『火の山―山猿記(上下)』(講談社文庫)向井敏『書斎の旅人』(中公文庫)和田芳恵『新装版 一葉の日記』(講談社文芸文庫)
ozapin2@satsuki_writer そう思います。山内さんは「年に1回は読む本」がどれだけありますか? 以下、わたしの偏愛書リストです。・色川武大『怪しい来客簿』・和田芳恵『一葉の日記』・『梶井基次郎』(ちくま文庫)・澁澤龍彦… https://t.co/GIyVpmzE4I
hisatune「名言との対話」4月6日。和田芳恵「平凡な男にありがちな、派手な色彩のない暮らしから、何かをやっていきたい」|久恒 啓一 @hisatune #note https://t.co/8GiU67bGGg
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
和田芳恵さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)