トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 田久保英夫

田久保英夫

田久保英夫さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

田久保 英夫(たくぼ ひでお、1928年1月25日 - 2001年4月14日)は、東京府東京市浅草区(現在の東京都台東区)出身の小説家。慶應義塾大学仏文科卒。精緻な文体で男女間の心理の陰翳を描き、短篇の名手として知られた。
thumb|180px|田久保とともに『三田文学』を刊行した山川方夫
東京府東京市浅草区浅草田中町(現在の東京都台東区日本堤)生れ。父は小峰秀次郎、母は田久保ハル。下町の料亭で育つ。慶應義塾大学文学部フランス文学科卒業。山川方夫らと第三次『三田文学』を刊行した。1954年、戯曲「金婚式」を同誌に発表。以後「三田文学」編集及び執筆に携わる。1959年、『緑の年』を『新潮』に発表し文壇デビューするが、幼少時の体験を描いた『解禁』(1961年)で第46回芥川賞候補となり、注目される。その後、第47回(『睡蓮』にて)、第48回(『奢りの春』にて)と候補になるが、『深い河』で芥川賞を受賞したのは1969年(第61回)、41歳の時だった。
1985年から2000年まで、芥川賞選考委員。短編の名手と言われた。
2001年4月14日、食道癌による動脈破裂のため、東京都渋谷区代々木八幡の病院で死去。戒名は華文院釈世英で、遺骨は東京都立八柱霊園に埋葬された。

受賞歴

田久保英夫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

田久保英夫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hati9nana7田久保英夫「深い河」
kanucha321【田久保英夫】必死になって読みふけった日々の記憶【短編の名手】 https://t.co/bJPx4Gp3DF
byosya_bot樹々の新緑が、生まれたての柔らかい嬰児の手のように風に揺れていた。田久保英夫『海図』より木の描写
Pardon17890714遅筆といえば井上ひさし、野坂昭如、田久保英夫、三浦哲郎。(私の中では確かに生きている)村上春樹さんはどうなんだろう。どちらかといえば、私は遅筆の方が好き。編集者の心情を想うだけで愉快だから。#村上春樹
in_the_rf田久保英夫の『花闇』という小説を10年くらい前に読んだ。会社でそこそこの地位についている仕事人間の夫とその義母と同居している平凡な主婦が、何かの切掛で建築会社の若い男性にデザインの才能を見込まれて、仕事に打ち込むようになって、その男とセックスして家庭を捨てて実家に戻り
gigamakk#山川方夫:田久保英夫らと「三田文学」を復刊し編集長として活躍。自らも小説を執筆し「演技の果て」などで4度の芥川賞候補、「クリスマスの贈物」で直木賞候補となった。#朝活書写#絵描きさんと繋がりたい… https://t.co/XVNRHWKmK1
F2tXbiifngQiuo3山田詠美がベッドタイムアイズで芥川賞の候補作になったのは26歳。それはすごいけど、吉行淳之介、水上勉、田久保英夫、安岡章太郎、古井由吉、中村光夫、遠藤周作、三浦哲郎、開高健に批評されるの怖すぎんか。古井由吉が若造よ。ちびるわ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    田久保英夫さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)