トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 田久保英夫

田久保英夫

田久保英夫さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

田久保 英夫(たくぼ ひでお、1928年1月25日 - 2001年4月14日)は、東京府東京市浅草区(現在の東京都台東区)出身の小説家。
thumb|180px|田久保とともに『三田文学』を刊行した山川方夫
東京府東京市浅草区浅草田中町(現在の東京都台東区日本堤)生れ。父は小峰秀次郎、母は田久保ハル。下町の料亭で育つ。慶應義塾大学文学部フランス文学科卒業。山川方夫らと第三次『三田文学』を刊行した。1954年、戯曲「金婚式」を同誌に発表。以後「三田文学」編集及び執筆に携わる。1959年、『緑の年』を『新潮』に発表し文壇デビューするが、幼少時の体験を描いた『解禁』(1961年)で第46回芥川賞候補となり、注目される。その後、第47回(『睡蓮』にて)、第48回(『奢りの春』にて)と候補になるが、『深い河』で芥川賞を受賞したのは1969年(第61回)、41歳の時だった。
1985年から2000年まで、芥川賞選考委員。短編の名手と言われた。
2001年4月14日、食道癌による動脈破裂のため東京都渋谷区代々木八幡の病院で死去。東京都立八柱霊園に眠る。戒名は華文院釈世英。

受賞歴

田久保英夫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

田久保英夫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

byosya_bot海面に目をやると、もう陽が傾き始めたのか、波がしらに淡朱の光を映じてうねり、無数の血色のけものが湧き上がってくるように見えた。田久保英夫『海図』より海の描写
akutagawa_syou朝鮮戦争中の九州の兵站基地で、置きざりにされた徴用馬の世話をする青年の苦悩に迫る。ストイシズムを底に秘め、気品ある世界を創った「短篇の名手」田久保英夫の魅力溢れる代表作。芥川賞受賞作『深い河』田久保英夫
r_smymブックハウスQ田久保英夫『蕾をめぐる七つの短編』講談社久保栄『小山内薫』文芸春秋新社ブ・山鼻店亀山郁夫『ロシア・アヴァンギャルド』岩波新書ブ・南二条江村洋『マリア・テレジア』河出文庫大江『M/T...』同時代ライブラリー
konomix_nira田久保英夫の解禁、ずっとほしいんだけど買えてない 状態いいやつがほしいな
qmabungaku【四択】1971年に小説『オキナワの少年』で芥川賞を受賞した沖縄県出身の作家は?1.古山高麗雄2.柏原兵三3.田久保英夫4.東峰夫→4.東峰夫
meihuku2001年に逝去され、今日で19回目の命日を迎える小説家、田久保英夫さんのご冥福をお祈りします。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
田久保英夫さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)