トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 米澤穂信 > インシテミル

インシテミル(米澤穂信)

インシテミル(著者:米澤穂信)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:インシテミル
  • 著者:米澤 穂信
  • ページ数:447
  • 出版社:文藝春秋
  • ISBN-10:4163246908
  • ISBN-13:9784163246901

インシテミル関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.7.7 青春は優しいだけじゃない。「放課後ライトノベル」第99回は『ふたりの距離の概算』が気になります!

    気がつけば,今年もあっという間に上半期が過ぎ去ってしまい,クールが変わって新アニメの時期ですが,皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

  • 2010.9.28 映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」公開記念インタビュー 米澤穂信の本棚

    2010年10月16日に公開される映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」の原作者でもあり、「さよなら妖精」や「小市民」シリーズなどミステリーファンを唸らせる作品を多く手がけ、「このミステリーがすごい!」第1位(2010年/作家別)に輝いた、ブクログでも大人気な推理作家・米澤穂信さんに、好きな本や最近気に入った映画や漫画についてお聞きしました。

  • 2009.8.1 きらら著者インタビュー 米澤穂信『追想五断章』

    ミステリであることと、謎が解き明かされたときに誰かの気持ちが浮かび上がるという手法は、今後も追求していきたい。 謎解きの醍醐味を存分に堪能できる仕掛け、読み手の共感を呼ぶ登場人物、そして予測できない着地点。古典部シリーズや小市民シリーズで若い読者に支持されている米澤穂信さんが、新境地を開いた『追想五断章』で、やってくれた。本好きの心をくすぐる設定と読む者を夢中にさせる魅力的な作中作、その後に訪れる読後感には、ひと言で語れない、奥深いものがある。

米澤穂信のその他受賞歴(候補含む)

インシテミル関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

dokuryo_bot『ラブコメ』『日の名残り』がまぁまぁ読まれてます。あと『インシテミル/米澤穂信』とか読まれてるっぽいです。
Night_Song801『インシテミル/米澤穂信』読了。映画と結構違った。映画では、結城(藤原竜也)が騒ぐ人だったけど、原作では冷静な人だった。
nouvellemerそれでも最近よくミステリを読むのは、入院中に貴志祐介の『黒い家』を読んですごく面白かったから。もっとこういうのに出会いたいという思いがある。他には中井英夫の『虚無への供物』がすごかった。米澤穂信の『インシテミル』もなかなか。『満願』もよかったので、米澤さんは追いたい。
iroroma3好きな小説についてです1,米澤穂信作品全般一番好きな作家さん。氷菓と小市民シリーズ、ボトルネック、インシテミル、竜骨、妖精…全部好きです。とりあえず文庫化してある作品は全部本棚に入っています。ほろ苦いミステリーで、だんだん心を抉る真実が明らかになる展開が本当に好きです。
qmaLSbot169、次のうち、推理作家・米澤穂信の小説を1つ選びなさい○ インシテミル、折れた竜骨、追想五断章× 容疑者Xの献身、マレー鉄道の謎、邪魅の雫、シャドウ、Another
RockenFull米澤穂信先生ブランキー好きってムック本で読んだけどほんとだった氷菓のパイナップルサンドはもしやと思ってたインシテミル読み終えて犬はどこだに手をつけてちゃんとした?探偵物だ!嬉しい!ってなってる https://t.co/l29M8i8Gmk
lCPd9OHGCpb9W7f米澤穂信「インシテミル」高額のアルバイトと聞いて集まった12人の密室ゲーム。散々アイディアの鉱脈が掘り尽くされた感じもするが、やはりそこはミステリーマニアの作者が世界観を損なうことなく新しい試みをおこなっている。作中での空気… https://t.co/yKobxlCAMT
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)