トップページ > 公募新人賞一覧 > 太宰治賞

太宰治賞

太宰治賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

太宰治賞(だざいおさむしょう)は、三鷹市と筑摩書房が共同で主催する公募新人文学賞である。
第1回から第14回までは筑摩書房のみで行っていたが業績悪化に伴い休止、太宰治没50年の1999年より現在の形となり、年1回発表されている。受賞は選考委員の合議によって決定され、受賞者には正賞として記念品、副賞として100万円(2008年実績)が授与される。
選考委員は津村記久子・荒川洋治・奥泉光・中島京子の4名。締め切りは12月10日。
純文学系の公募している新人賞には他に、文學界新人賞、群像新人文学賞、新潮新人賞、すばる文学賞、文藝賞などがある。

第28回2012年(応募総数:1212)

太宰治賞

第27回2011年(応募総数:1271)

太宰治賞

第26回2010年(応募総数:1412)

太宰治賞

第25回2009年(応募総数:1249)

太宰治賞

第24回2008年(応募総数:1090)

太宰治賞

第23回2007年(応募総数:774)

太宰治賞

第22回2006年(応募総数:1030)

太宰治賞

第21回2005年(応募総数:927)

太宰治賞

太宰治賞

第20回2004年(応募総数:962)

太宰治賞

第19回2003年(応募総数:863)

太宰治賞

以前のデータ(全データ一括表示

太宰治賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

太宰治賞関連つぶやき

aozorabasu123芥川賞の季節になるといつも太宰治を思ひ出す。彼が執念深く賞を貰ひたがつたのが忘れられないからである。"佐藤春夫『稀有の文才』
manekineko1412019/12/10 太宰治賞 第36回 50枚~300枚2019/12/31 MF文庫Jライトノベル新人賞三期 40×34×80~150枚2019/12/31 ARUHI×BOOK SHORTS ARUHIアワード 7000… https://t.co/zJmWldtIBk
yurubngkbot太宰治賞三鷹市と筑摩書房が共同で主催する公募新人文学賞である。1965年(S40)~現在
maruyaessai今年の太宰治賞に決つた宮尾登美子の『櫂』は、近頃出色の作品である。単にいはゆる新人賞の水準を抜いてゐるだけではなく、一人の注目すべき作家が登場したといふ印象をわたしは受けた。ここには信用するに足る力量と感受性があるのだ。『雁のたより』
my2102203「死亡率」は面白いな。新潮新人賞でも半分近くはフェードアウトするとは。そして太宰治賞の「死ななさ」を見ると、斜陽の「生きるという事。生き残るという事。それは…」という一節が思い出される…作家としては死んでも、別の世界へ転生して… https://t.co/W5iKNXW380
uminekozawa発売中の「小説すばる」紹介した新刊は太宰治賞の受賞作『birth』です。今月から小津夜景さんのエッセイ連載始まったので楽しみ。 https://t.co/Dd6MahFrEl
bungakutan芥川龍之介賞は、1927年に死去した芥川龍之介を称えて、1935年に菊池寛が創設した賞です。年に2回、上半期と下半期に発表されます。第一回に太宰治が候補になりましたが落選してしまい、その時に選考委員だった川端康成の批評に対して、太宰は抗議の手紙を送りました。
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)