トップページ > 公募新人賞一覧 > 日本ホラー小説大賞 > 2011年−第18回 日本ホラー小説大賞

日本ホラー小説大賞

2011年−第18回 日本ホラー小説大賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

日本ホラー小説大賞(にほんホラーしょうせつたいしょう)は、かつて存在した日本の公募新人文学賞。株式会社KADOKAWAと一般財団法人角川文化振興財団が主催していた。

第18回—2011年(応募総数:811)

大賞

  • 該当なし

長編賞

短編賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

日本ホラー小説大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.11.25 作家・小林泰三先生ご逝去のお知らせ (2020/11/25)

    2020年11月23日(月)、SF、ホラーからミステリまで幅広く活躍された作家の小林泰三氏(58歳)が大阪府内の病院で逝去されました。

  • 2019.1.16 第160回芥川賞は上田岳弘の『ニムロッド』と町屋良平の『1R1分34秒』に、直木賞は真藤順丈の『宝島』に決定!

    第160回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)が発表された。選考会は1月16日(水)、東京・築地の新喜楽で開かれ、「芥川賞」は上田岳弘の『ニムロッド』と町屋良平の『1R(いちらうんど)1分34秒』の2作品に、直木賞は真藤順丈の『宝島』に決定した。

  • 2018.11.29 ホラー小説大賞2作品、次回から刷新

    日本ホラー小説大賞は、次回から横溝正史ミステリ大賞と統合され、「横溝正史ミステリ&ホラー大賞」へとリニューアルする。多彩な作品を生みだし、ホラーというジャンルを切りひらいてきたこの賞を締めくくる第25回は、初めて2作が大賞となった。古代エジプトの呪いにまつわる福士俊哉さん(58)の『黒いピラミッド』(KADOKAWA)と、読者賞とのダブル受賞となった秋竹サラダさん(26)の学園ホラー『祭火小夜の後悔』(同)。2作の刊行を機に、年齢も作風も対照的な2人の著者に話を聞いた。

日本ホラー小説大賞関連つぶやき

Soki_Itsumiホラーは短編にこそ旨みがあると思っているけど、日本ホラー小説大賞も潰れちゃったもんで短編発掘の機会が殆ど無いのが哀しい。
oddbookaward夢野久作文学館とな! そして文学賞も!? 往年の「日本ホラー小説大賞」みたいな盛り上がりがあるといいな。 https://t.co/9wqj5hqKv7
dev_book_read飴村行「粘膜人間」巨大で横暴な義弟を殺す事にした兄弟は殺人の依頼をする事に…日本ホラー小説大賞長編賞受賞作。電子で再読。漫画やアニメだったら大問題になりそうな話だなー。グロテスクな殺人、拷問、処刑のオンパレードなので読む… https://t.co/9iiC0onCb3
yokuneruran日本ホラー小説大賞第20回優秀賞のかにみそって本がすごく良くて最近は他の受賞作品をローラーで読んでる今日読んだリカも良くて、それはホラーサスペンス大賞を獲ってたらしいこれもローラーしたいんですよね〜無限!楽し!
jTAr461DpHETxTYこの主人公をどうにかして引き止めたくなった。。「のうみ」くん、お菓子どうするのかな…食べずに留まってこの先も生きていくと思う、というか思いたい。#名梁和泉 さん、この本で初めて知った作家さん。検索したら、第22回日本ホラー小説… https://t.co/ZiEGL6YKmU
dolphin_kick__@rei_skicamp @Yukineko_mk 日本ホラー小説大賞は割と読んでる( ̄▽ ̄)
8O7TEPVybIxEZ9Uちなみにそこまで徹底的にやると日本ホラー小説大賞最終ラインまでたどり着けますw☺️
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)