トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 山本兼一

山本兼一

山本兼一さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

山本 兼一(やまもと けんいち、1956年7月23日 - 2014年2月13日)は、日本の小説家。
京都市生まれ。京都市立紫野高等学校、同志社大学文学部文化学科美学及び芸術学専攻卒業。出版社、編集プロダクション勤務、フリーライターを経て作家デビュー。
松尾芭蕉などを専門とする国文学者・山本唯一(大谷大学名誉教授)の長男として京都府に生まれる。先祖は代々新潟県真宗寺院の僧侶。2012年10月に肺腺癌で一度入院。2013年12月中旬に病状が悪化して再入院し、病床で執筆を続けていた。2014年2月13日午前3時42分に原発性左上葉肺腺癌のため京都市の病院で死去。1956|7|23|2014|2|13。
雑誌『中央公論』に2013年11月号から連載していた「平安楽土」が絶筆となった。最後となった同作の第6回を編集者に送ったのは死去前日、亡くなる約5時間半前であった。
*1999年 - 「弾正の鷹」で小説NON創刊150号記念短編時代小説賞佳作
*2002年 - 『戦国秘録 白鷹伝』でデビュー
*2004年 - 『火天の城』で第11回松本清張賞受賞
*2005年 - 『火天の城』で第132回直木三十五賞候補
*2008年 - 『千両花嫁』で第139回直木三十五賞候補
*2009年 - 『利休にたずねよ』で第140回直木三十五賞受賞、『火天の城』映画化
*2013年 - 『利休にたずねよ』映画化

受賞歴

山本兼一関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

山本兼一関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ystkttrabu山本兼一著『銀の島』は我が大内も領有した石見銀山を巡る小説です。登場人物にお屋形様もお会いしたザビエル殿や、倭寇として名高き王直がいたりとこの時の日の本のわーるどわいどな感じが伺えます。これを読んだら石見銀山にもぜひ訪れてくださいね!私どもが生きた時代を感じて頂けたらと思います
3at5ubaそねねとまろぴは戦闘立ち絵ポーズが一緒なんだ…あと山本兼一さんの「いっしん虎徹」(蜂須賀の天女イメージここから説ある)と「おれは清麿」読んでほしみ…
DNTFpen0EntZRenまりしてん誾千代姫/山本兼一立花誾千代を主人公とする小説。とても魅力的な誾千代像で楽しく読めた。全体的に淡々と穏やかで、後半と最後はやや物悲しさを感じるのだがこれもまた良い。#読了 https://t.co/HlRMo7JkBm
hit4boy山本兼一『利休にたずねよ』美の求道者 千利休の生涯を描いた作品です。本作品からは、秀吉が羨望し、嫉妬し、ついには潰えさせようと決意した超絶、唯一無二の美的感覚をおぼえることになるでしょう。五感に訴えるがごとくの著者の描写力には脱帽… https://t.co/tJBgs2Tt2F
jidairekishi山本兼一の「白鷹伝-戦国秘録」を読んだ感想とあらすじ 覚書/感想/コメント https://t.co/4gxzgfSmAC #小林家次 #小林家鷹 #山本兼一
Wdv1KJuMriZWjtU橋本一巴 備考。山本兼一は一巴を主人公とした小説『雷神の筒』を著し、多くの戦いでの活躍や信長との対立を描いている。稲沢市の昔話「鉄砲の名人と弓の達人」内の伝承では、橋本一巴は一把、林弥七郎は弥三郎の名で登場し、先に大矢を当て… https://t.co/67CWfV4Bsj
BGM_story8283#名刺代わりの小説10選(20220518)新源氏物語 /紫式部、田辺聖子十二国記/小野不由美変身/カフカ、高橋義孝訳利休にたずねよ/山本兼一アヒルと鴨のコインロッカー/伊坂幸太郎ifの悲劇/浦賀和宏Iの悲劇/米澤… https://t.co/NmVzI7o9Cu
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
山本兼一さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)