トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 水村美苗

水村美苗

水村美苗さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

水村 美苗(みずむら みなえ、1951年 - )は、日本の小説家、評論家。夫は東京大学経済学部名誉教授の岩井克人。
東京都生まれ。母は八木義徳に師事して、78歳で初の自伝的小説『高台にある家』を上梓した水村節子(1922-2008)。父親の仕事の関係で12歳の時に渡米。ボストン美術学校|en|School of the Museum of Fine Arts, Boston、イェール大学フランス文学専攻、イェール大学大学院仏文科博士課程に在籍、ポール・ド・マンの教えを受ける。
プリンストン大学講師、ミシガン大学客員助教授、スタンフォード大学客員教授として、日本近代文学を教える。
プリンストン大学で教鞭を執る傍ら日本語で小説を書き始める。
夏目漱石の未完に終わった『明暗』の続きを書いた『續明暗』で、1990年芸術選奨新人賞を受賞。
欧文が部分的に混在する横書きの『私小説 from left to right』で、1995年野間文芸新人賞を受賞。
エミリー・ブロンテの『嵐が丘』を戦後日本を舞台に書き換えた『本格小説』で、2003年読売文学賞を受賞。
2009年には『日本語が亡びるとき』で小林秀雄賞を受賞し、同賞を夫婦でものにしたことになる。その時点ですべての単著が賞をとっている。
2012年、『新聞小説 母の遺産』で大佛次郎賞を受賞。

受賞歴

水村美苗関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

水村美苗関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

satl_jpn水村美苗「本格小説」読了。読むのは3、4回目。やっぱりこの話好きだな。
ogawa_kimiyo北村さんが「椎名林檎はいわゆる「上流階級」でないだろうし、演歌や歌謡曲も分け隔てなく好んでいる」と指摘しているのも大事。ここには水村美苗が描く昭和の中流階級の趣味(応接間のレースとか)への嫌悪を反転させたようなものがある。水村と違… https://t.co/vYDwCwROhs
osusumeme水村美苗さんの『日本語で読むということ』(ちくま文庫)をAmazonでチェック!https://t.co/VttB6wDY2b
kowloon1201文芸誌の連載。この後は、水村美苗さんの連載「大使とその妻」(連載第14回・新潮11月号)、町田康さんの連載「漂流」(連載第38回・新潮11月号)、いしいしんじさんの連載「チェロ湖」(連載第39回・新潮11月号)と読み進めます。
gamayauber01ミン・ジン・リーさん、韓国語版が出て嬉しいだろうなあこの人は英語で書いているけど、第一世代移民でアメリカ人になりきってない、韓国との紐帯を固く持っている人逆に日本語で書くことを選んだ水村美苗さんと、事情が似ている https://t.co/au61bBay1a
lil_mi_@aiouai_ 研究者か微妙ですが、水村美苗どうでしょう?
mfjtokyo【イベント動画紹介】日仏シンポジウム「プルースト―文学と諸芸術―芸術照応の魅惑4」より「母語で書くということ」●講師:水村美苗(作家)●司会:吉川一義(京都大学名誉教授)https://t.co/2cS60SsBSI
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    水村美苗さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)