トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 原尞

原尞

原尞さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

原 尞|はら りょう|1946年12月18日 - は、日本の推理作家。本名は原 孝。佐賀県鳥栖市生まれ。福岡県立福岡高等学校、九州大学文学部美学美術史科卒業。福岡高校の同期に医師の中村哲がいる。
大学卒業後上京。フリージャズ・ピアニストとして活動し、高木元輝や阿部薫らと共演した。1971年、日本幻野祭に高木元輝トリオのメンバーとして出演。このときの演奏は『幻野』のタイトルでレコード化されている。その後、帰郷して執筆に専念、1988年、西新宿に事務所を構える中年私立探偵・沢崎を主人公とした『そして夜は甦る』で作家デビュー。
作品は自身も愛読したレイモンド・チャンドラーの作品群に影響を強く受けており、原はその事やチャンドラーへの憧れ、敬意を表明している。また、『そして~』の「あとがきにかえて」では『ひとつのハードボイルド論――マーロウという男』という、沢崎と同作に登場したライター・佐伯とがフィリップ・マーロウについて語り合う内容のものを執筆している。
『そして~』から第2作『私が殺した少女』発表まで1年半、『私が~』から第3作『さらば長き眠り』発表まで(短編集を挟んで)6年、『さらば~』から第4作『愚か者死すべし』発表まで9年、『愚か者~』から第5作『それまでの明日』発表まで14年を要しており、デビュー以来30年で長編5作、短編集1冊、エッセイ集1冊(文庫化にあたり2分冊)と、自他ともに認める寡作、遅筆作家である。(『私が~』を発表したのが『そして~』から1年半後であったことに関して)「われながら困惑するほどの遅筆ぶり」であるとあとがきで述べている。
なお、主人公である「沢崎」の、下の名前は著者しか知らず、発表の予定も公表するつもりもないらしい。

受賞歴

原尞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

原尞関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

chbot13私は署長の楽観的な意見を遮った。「真壁さん、私をお雇いになる料金と経費についてご説明しましょう。誘拐犯じきじきのご指名とあらば、断るわけにはいかない」(『私が殺した少女』原尞)
nonrale「おまえは妹を殺してはいない」「…そんなこと、わかっていたよ」少年は大人になる。原尞  『私が殺した少女』 #小説中の好きな会話
edo23o@yougiri_com フィリップ・マーロウか原尞の小説の主人公みたくか。
norikokatorea妹から送られてきた高田馬場の書店の早川書房のサイン本の写真から、原尞の探偵沢崎シリーズの2018年の新刊を知った。「それまでの明日」を読了。20代で読んだ既刊をまた、読み返したくなる。40代のわたしには、また違う味わいあるんだろう… https://t.co/lP8QK5PFwC
ricajyxuxira中村哲医師の経歴小説家の火野葦平は母方の叔父である(妹が中村の母)。外祖父で若松において港湾荷役業を営んでいた玉井金五郎が映画『花と竜』のモデルとなったことで、周囲から玉井家が暴力団関係者と誤解され、中村も迷惑を被ったとしている。また、福岡高校の同期に原尞がいる。
Leonard_3104 #私のベスト3ミステリー ローレンス・ブロック『八百万の死にざま』原尞『私が殺した少女』レイモンド・チャンドラー『長いお別れ』ミステリーといっても本格よりハードボイルドが好きだ。「ハードボイルドは男のハーレクイン・ロマン… https://t.co/PhrOGyxwoO
soe006 #私のベスト3ミステリー (続)国内原尞「私が殺した少女」東野圭吾「白夜行」加納朋子「魔法飛行」海外ジェイムズ・P・ホーガン「星を継ぐもの」ジェイムズ・エルロイ「ブラック・ダリア」ジェフリー・ディーバー「静寂の叫び」
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    原尞さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)