トップページ > 公募新人賞一覧 > 鮎川哲也賞 > 2012年−第22回 鮎川哲也賞

鮎川哲也賞

2012年−第22回 鮎川哲也賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

鮎川哲也賞(あゆかわてつやしょう)は、東京創元社が主催する公募の新人文学賞。「創意と情熱溢れる鮮烈な推理長編」を募集する。
1988年、東京創元社が全13巻の書き下ろし推理小説シリーズ「鮎川哲也と十三の謎」を刊行する際、その最終巻を「十三番目の椅子」として一般公募した。翌年、その企画を発展する形で鮎川哲也賞が創設された。正賞はコナン・ドイル像、賞金は印税全額。受賞作は、毎年10月前後に東京創元社より刊行される。
贈呈式は毎年、飯田橋にあるホテルメトロポリタンエドモント〈悠久の間〉にて、ミステリーズ!新人賞と合同で行われる。

第22回—2012年(応募総数:140)

鮎川哲也賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

鮎川哲也賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.10.22 【今週はこれを読め! SF編】謎解きミステリと時間SFとのあまりにみごとな融合

    鮎川哲也賞を受賞したデビュー作。時間SFとパズラーを組みあわせた意欲作。タイムトラベルも本格推理も、破綻なくストーリーを語り進め、読者の予想を超える結末にたどりつくためには、強度のあるロジックが要求される。本作は、その要件を高いレベルでクリアしている。途中、登場人物が奇異に思える行動に出る場面もあるけれど、それはその人物の来歴や性格によるものとして、じゅうぶん了解可能だ。

  • 2019.4.27 作家の読書道 第205回:今村昌弘さん

    2017年に鮎川哲也賞受賞作『屍人荘の殺人』でデビューした今村昌弘さん。意表を突くクローズドサークルの設定が話題となり、年末の各ミステリランキングで1位になり、本格ミステリ大賞も受賞。第2作となる『魔眼の匣の殺人』も期待を裏切らない内容で、今後の活躍が楽しみな新鋭です。でも意外にも、昔からミステリ作家を目指していたわけではなかったのだとか。ではどんな本が好きだったのか、そして作家を目指したきっかけは?

  • 2019.4.4 東京創元社、第29回「鮎川哲也賞」を決定

    4月2日開催の最終選考会で受賞作を決定。

鮎川哲也賞関連つぶやき

QMA_Mys_Bot1[連想]主催は日本推理作家協会/第1回の受賞者は中島河太郎/東野圭吾、西村京太郎らも受賞/受賞作は講談社より出版 → 江戸川乱歩賞/鮎川哲也賞/アガサ・クリスティー賞/ばらのまち福山ミステリー文学新人賞 ※鮎哲賞=創元。クリスティー賞=早川
raiittabotQ.次のうち日本のミステリー小説の公募新人賞を全て選びなさい A.鮎川哲也賞/江戸川乱歩賞/横溝正史賞
kikubon_jp【第28回鮎川哲也賞受賞作】ささやかな謎を通して、少年少女が新たな扉を開く瞬間を切り取った四つの物語。青春ミステリの新たな書き手の登場に、選考委員が満場一致で推した第28回鮎川哲也賞受賞作。 『探偵は教室にいない』(著:川澄浩… https://t.co/88IoIFBr9j
M_banana877鮎川哲也賞受賞、「ボディ・メッセージ」読み終わった
sogen_bot【くらりまめちしき】東京創元社の新人賞はいま、長編ミステリの〈鮎川哲也賞〉、短編ミステリの〈ミステリーズ!新人賞〉、短編SFの〈創元SF短編賞〉があるのニャ
mys_sus_bot【文字パネル】第24回鮎川哲也賞を受賞した内山純の小説は『B(ビリヤード) ○○○○へようこそ』?→ハナブサ
wa_waa_waaaヴェサリウスヴェ サ リウス あさみ かずし 鮎川哲也賞 https://t.co/Jo8GEZ4FM9
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)