トップページ > 作家名一覧 > くから始まる作家名一覧 > 窪美澄

窪美澄

窪美澄さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

窪 美澄(くぼ みすみ、1965年 - )は、日本の小説家。
東京都稲城市生まれ。カリタス女子中学校、カリタス女子高等学校卒業。父親が自己破産したこともあり、短大は中退。妊娠、出産、子育て、女性の体と健康を中心にすえ、占星術、漢方などをテーマに、書籍、雑誌、webの世界で活動。
2009年「ミクマリ」で第8回R-18文学賞大賞を受賞し小説家デビュー。2011年、受賞作を収録した『ふがいない僕は空を見た』(新潮社)で第24回山本周五郎賞受賞、第8回本屋大賞第2位。同作はタナダユキ監督により映画化され、第37回トロント国際映画祭に出品された。2012年、『晴天の迷いクジラ』で第3回山田風太郎賞受賞。2018年、『じっと手を見る』で第159回直木賞候補。2019年、『トリニティ』で第161回直木賞候補、第36回織田作之助賞受賞。

窪美澄新刊

  • 発売日
    2020年4月8日
  • 書名
    じっと手を見る (幻冬舎文庫)

受賞歴

窪美澄関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

窪美澄関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Rits_karuta全国36校の高校生が参加する高校生直木賞@koukouseinaokiの全国大会が開催され、北海道からは立命館慶祥高校1年生(文芸誌『慶』編集長)が代表生徒として出場、『トリニティ』(窪美澄 著)が第7回高校生直木賞に決定しました。https://t.co/c9slsIPOTP
Rits_bungeishi全国36校の高校生が参加する高校生直木賞@koukouseinaokiの全国大会が開催され、北海道からは立命館慶祥高校1年生(文芸誌『慶』編集長)が代表生徒として出場、『トリニティ』(窪美澄 著)が第7回高校生直木賞に決定しました。https://t.co/GCsJbyhVFS
book_beans2011年本屋大賞は、『謎解きはディナーのあとで』 著/東川篤哉(小学館)だったね。執事:櫻井翔君、お嬢様:北川景子でドラマ化されたよね。2位は『ふがいない僕は空を見た』 著/窪美澄(新潮社)で、3位は『ペンギン・ハイウェイ』 著/森見登美彦(角川書店) だったよ。
_Racine__「おれは、本当にとんでもないやつだから、それ以外のところでは、とんでもなくいいやつにならないとだめなんだ」窪美澄/ ふがいない僕は空を見た
boobookwords「死ぬなよ」って。ただそれだけ言えばよかったんだ。(『晴天の迷いクジラ』窪美澄p282)
jellyfish213091<#読了>『晴天の迷いクジラ』窪美澄自殺を考えた三人が湾に迷い込んだクジラを観るために島に向かう。性別、年齢、境遇も違う三人は再び【生】へ針路を合わせられるのか。苦しみから立ち直る為に周りの助けは必要かもしれない。でもそれ以上に自分で行動を起こさないと、と感じた。
sj5T2LZ7lBIBsyd『ふがいない僕は空を見た』窪美澄『キャンセルされた街の案内』     吉田修一『故郷』 魯迅『パンドラの匣』 太宰治『邪宗門』 高橋和巳
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
窪美澄さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)