トップページ > 作家名一覧 > ひから始まる作家名一覧 > 百田尚樹

百田尚樹

百田尚樹さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

百田 尚樹(ひゃくた なおき、1956年2月23日 - )は、日本の放送作家・フィクション小説家。大阪府大阪市東淀川区出身。
同志社大学法学部在学中に『ラブアタック!』(ABC)に出演し、みじめアタッカーの常連だった(1978年当時大学3回生で6回目の挑戦など)。大学生活5年目で中退、その後放送作家となり、『探偵!ナイトスクープ』のチーフライターを25年以上に渡り務めているほか、『大発見!恐怖の法則』などの番組の構成を手がけた。
2006年(平成18年)に『永遠の0』(太田出版)を発表し、小説家としてデビュー。2009年(平成21年)、『BOX!』が第30回吉川英治文学新人賞候補、第6回本屋大賞の5位に選出され、映画化もされた。2012年(平成24年)10月15日付オリコン“本”ランキング文庫部門で『永遠の0』が100万部を突破。文庫部門では13作目。
2013年(平成25年)、『海賊とよばれた男』で本屋大賞を受賞、その発言でも注目を集めた。同年9月から『週刊新潮』にて『フォルトゥナの瞳』を連載開始した。これは小説家デビュー以来、初の週刊誌連載となる。同年10月9日、第26回日本メガネベストドレッサー賞文化界部門を受賞。同年11月11日から2015年2月28日まで、NHK経営委員(1期のみ務める)。

百田尚樹新刊

  • 発売日
    2017年8月27日
  • 書名
    カエルの楽園 (新潮文庫)

受賞歴

百田尚樹関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

百田尚樹関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

rairen_bot1:放送作家としても活躍中 2:「ボックス!」 3:「永遠の0」 4:「錨を上げよ」 A:百田尚樹
KM0T_最近買った本を読了し終えたので、『蜜蜂と遠雷/恩田陸』『もうひとつの命/入間人間』『博多豚骨ラーメンズ8/木崎ちあき』『戦争と平和/百田尚樹』あたりは人に勧めたいと思った良書なので、この休み中に久々に本でもという方はぜひ
Hogino0108百田尚樹は「フォルトゥナの瞳」とか「夢を売る男」も読みましたね。ジャンルの差が大きいのにどれも面白いという凄さ
nippon_matome【領土問題】「朝日新聞は尖閣諸島が日本固有の領土ではないと宣言」  百田尚樹氏、朝日社説に異議あり https://t.co/cDK61OwBN7
Darabondo百田尚樹にフォローされるような男になりたいなぁ
ouendan2@kou_1970 似非保守の禿坊主百田尚樹はハブとは韓国読みでは?保守的言動で本当の日本人に見せる為の似非日本人の在日が多いのが特徴だ。アベ晋三が最たる者だ。 https://t.co/fEuhKPMP4O
japan_go_around【政治】いつもズバズバ斬りまくる!百田尚樹さんの口癖が!https://t.co/WEDBkKwzhF #韓国 #日本 #慰安婦 #嫌韓 #カエルの楽園
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
百田尚樹さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)