トップページ > 公募ではない賞一覧 > 本屋大賞 > 2009年−第6回 本屋大賞

本屋大賞

2009年−第6回 本屋大賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

本屋大賞(ほんやたいしょう)とは2004年に設立された、NPO法人・本屋大賞実行委員会が運営する文学賞である。
一般に、日本国内の文学賞は、主催が出版社であったり、選考委員が作家や文学者であることが多いが、本屋大賞は、「新刊を扱う書店(オンライン書店含む)の書店員」の投票によってノミネート作品および受賞作が決定される。

第6回—2009年

1位

2位

4位

5位

6位

7位

8位

9位

10位

その他の回のデータ(全データ一括表示

本屋大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.2.22 作家の読書道 第215回:相沢沙呼さん

    『medium 霊媒探偵城塚翡翠』が2019年末発表のミステリランキングで3冠を達成、今年は同作が2020年本屋大賞ノミネート、第41回吉川英治文学新人賞候補となり、さらに『小説の神様』(講談社タイガ)が映画化されるなど、話題を集める相沢沙呼さん。そんな相沢さんが高校生の時に読んで「自分も作家になりたい」と思った作品とは? 小説以外で影響を受けたものは? ペンネームの由来に至るまで、読書とその周辺をたっぷりおうかがいしました。

  • 2019.12.18 【今週はこれを読め! エンタメ編】音楽が聴こえてくるような短編集〜恩田陸『祝祭と予感』

    優れた音楽小説であり、さらに直木賞と本屋大賞の両方を受賞した『蜜蜂と遠雷』の愛読者にはたまらないファンブック的な要素も持ち合わせているのが本書。私にとっても『蜜蜂と遠雷』はその年に読んだ本のベストだったので(確か朝井リョウさんも同じ趣旨のことを語ってらして、意を強くしたものです)、『祝祭と予感』は期待を胸に読み始めたのだが、もう涙ものだった。

  • 2019.4.23 第16回 坊っちゃん文学賞 作品募集開始 ショートショートの文学賞にリニューアル 審査員に田丸雅智さん、大原さやかさん、山戸結希さんが決定!

    株式会社パシフィックボイスはこのたび、「松山市 - 第16回 坊っちゃん文学賞」の運営業務を受託し、4月23日より短編小説の公募を開始いたします。  「坊っちゃん文学賞」は、市制100周年を機に、近代俳句の父・正岡子規を生み、明治の文豪・夏目漱石の小説『坊っちゃん』に描かれた街という、松山市の豊かな文化的土壌をいかして、新しい青春文学の創造と本市の文化的なイメージを高め、全国にPRするため昭和63年に創設しました。

本屋大賞関連つぶやき

murakamikaizoku「村上海賊の娘」本屋大賞受賞後の集合写真です!読者の皆様、楽しそう~嬉しそう~ https://t.co/JgBsKBPPt5
PYKMd8CrUJdqe9D@aoisorakanata3 はじめまして✨ムゲンのiほんといい作品ですよね❗本屋大賞候補に選ばれるだけの魅力ありますね✨
naginagino10自分なりに考察してみた
hatti4646【ムゲンのi(上)/知念 実希人】★★★★☆本屋大賞ノミネート作品。イレス(眠りについたまま起きる事のない稀な病気)にかかった人が同じ病院に3人もいる事に疑問を持った愛衣はー最初はオカルトチック… → https://t.co/7AaS3QGAl5 #bookmeter
_madeleine_mMOE絵本屋さん大賞2019で第7位となった、junaidaさんのご本『Michi』。なんと懸賞に応募していたものが当選したそうで、ありがたく頂戴しました。このご本あまりにも美しくて好きで、本屋さんでずっと気になっていたので… https://t.co/ynLHEtUzdl
upupcrossfm水曜の10時台【ワッツアップ!ドクショのススメ】小倉駅前I’m9階喜久屋書店の店員さんに一冊本を紹介してもらってます
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)