トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 奥泉光

奥泉光

奥泉光さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

奥泉 光|おくいずみ ひかる|1956年2月6日 - は、日本の小説家。近畿大学文芸学部教授。
山形県東田川郡三川町出身。埼玉県立川越高等学校、国際基督教大学 (ICU) 教養学部人文科学科卒。同大学院修士課程修了(博士課程中退)。当初は研究者を目指しており、研究者時代の共訳書に『古代ユダヤ社会史』(G・キッペンベルク著、教文館)がある。師は並木浩一、大塚久雄。
1986年、すばる文学賞に応募した「地の鳥天の魚群」が最終候補になり、後に「すばる」に掲載され小説家としてデビュー。1990年、『滝』が第3回三島由紀夫賞候補および第103回芥川賞候補。1993年、『ノヴァーリスの引用』で野間文芸新人賞・瞠目反文学賞受賞。野間文芸新人賞は保坂和志『草の上の朝食』との同時受賞であり、対照的な作風が話題となった。1994年、『石の来歴』により芥川賞受賞。同作は後に英語、仏語で翻訳刊行。1999年、近畿大学助教授に就任、現在教授。2009年、『神器』で野間文芸賞受賞。2012年より芥川賞選考委員。同年、『桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』がテレビドラマ化。2014年、『東京自叙伝』で谷崎潤一郎賞受賞。2018年、『雪の階』で毎日出版文化賞、柴田錬三郎賞受賞。

受賞歴

奥泉光関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

奥泉光関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sukinabunshou「うちは最近じゃ、だいたい瓦せんべいですね」「うち」というのがどこで、「だいたい瓦せんべい」の意味は不明であったが、とりあえず礼をいって瓦せんべいを頂戴した。しかし、どうして瓦せんべいなのか。奥泉光「桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活」
ha_hi_読書の感想について気付きを与えてくれたのは奥泉光先生といとうせいこう氏の文芸漫談だった。自分とは意見が違うなと思いつつ、違っていいんだと気付かせてくれた。
kuro_kuroyon@pino_hon せっかくAmazonで古本を買うなら、合わせて奥泉光/『坊ちゃん忍者幕末見聞録』もお勧めです。理屈抜きに楽しめる一冊です。
R_L_bot_3天才ピアニスト・永嶺修人と彼に憧れる「わたし」を軸にストーリーが進む、2010年に刊行された奥泉光の小説は?(ライ択)→シューマンの指
QMA_Mys_Bot1[四択]天才ピアニスト・永嶺修人と彼に憧れる「わたし」を軸にストーリーが進む、2010年に刊行された奥泉光の小説は? → 『シューマンの指』/『ショパンの指』/『リストの指』/『ドビュッシーの指』
GzT1f#名刺代わりの小説10選道尾秀介/月と蟹須賀しのぶ/革命前夜モーム/月と六ペンス京極夏彦/魍魎の匣貴志祐介/新世界より石黒耀/死都日本奥泉光/ビビビ・ビ・バップ畠中恵/けさくしゃトム・ロブ・スミス/チャイルド44遠藤周作/海と毒薬
kotobaclct_bot「鼓膜を震わせることだけが音楽を聴くことじゃない。音楽を心に想うことで、僕たちは音楽を聴ける。音楽は想像の中で一番くっきりと姿を現す。耳が聞こえなくなって、ベートーヴェンはよりよく音楽を聴けるようになったんだ」 -奥泉光「シューマンの指」
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
奥泉光さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)