トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 奥泉光

奥泉光

奥泉光さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

奥泉 光(おくいずみ ひかる、1956年2月6日 - )は、日本の小説家。近畿大学文芸学部教授。
山形県東田川郡三川町出身。埼玉県立川越高等学校、国際基督教大学 (ICU) 教養学部人文科学科卒。同大学院修士課程修了(博士課程中退)。当初は研究者を目指しており、研究者時代の共訳書に『古代ユダヤ社会史』(G・キッペンベルク著、教文館)がある。師は並木浩一、大塚久雄。
1986年にすばる文学賞に応募した「地の鳥天の魚群」が最終候補になり、後に「すばる」に掲載され小説家としてデビュー。1990年、『滝』が第3回三島由紀夫賞候補および第103回芥川賞候補。1993年『ノヴァーリスの引用』で野間文芸新人賞・瞠目反文学賞受賞。野間文芸新人賞は保坂和志『草の上の朝食』との同時受賞であり、対照的な作風が話題となった。1994年、『石の来歴』により芥川賞受賞。同作は英語、仏語などに翻訳刊行。1999年、近畿大学助教授に就任、現在教授。2009年『神器』で野間文芸賞受賞。2012年より芥川賞選考委員。同年、『桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』がテレビドラマ化された。2014年、『東京自叙伝』で谷崎潤一郎賞受賞。2018年、『雪の階』で毎日出版文化賞、柴田錬三郎賞受賞。

受賞歴

奥泉光関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

奥泉光関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

TnmzWaeBsA4aJqzそして、読み終わっていちばん最初に思ったのが、森見氏、奥泉光と作風が似ていないか。奥泉氏も独特というか、常識をずらしたところに生じる隙間をミステリーというか、耽美的な描写で物語を作る。「シューマンの指」や「ノヴァーリスの引用」は… https://t.co/oMpWjDwuNW
NakanishiB↓録画はしてあっったんだけど結局さっき見た。何ともいえないやりきれなさがあってアイロニーで作られているように思えた。あまり関係はないがベタな感想で奥泉光の「シューマンの指」(というかラストでつながっている「その言葉を」)を思い出した。
harapion奥泉光『モーダルな事象―桑潟幸一助教授のスタイリッシュな生活』|TADAO HARADA @harapion #note https://t.co/w9WUNUUIKC
o4142#名刺がわりの小説10選タックスヘイブン/橘玲カンガルー日和/村上春樹小説吉田学校/戸川猪佐武監督/海老沢泰久シューマンの指/奥泉光不機嫌な姫とブルックナー団/高原英理名人/川端康成一千一秒物語/稲垣足穂赤いろう… https://t.co/AGPSrKifx4
classic_CDミステリーではなく純文学として読むべしという意見がある一方で「鳥類学者のファンタジア」との比較という意見も見られる。奥泉光のシューマンの指(100周年書き下ろし) https://t.co/eiBdANdBfK
akutagawa_syou太平洋戦争末期、レイテで、真名瀬は石に魅せられる。戦後も、石に対する執着は異常にも思えるほど続くが、やがて、子供たちは死に弄ばれ、妻は狂気に向かう。現実と非現実が交錯する作品。芥川賞受賞作『石の来歴』奥泉光
R_L_bot_3天才ピアニスト・永嶺修人と彼に憧れる「わたし」を軸にストーリーが進む、2010年に刊行された奥泉光の小説は?(ライ択)→シューマンの指
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
奥泉光さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)