トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 奥泉光

奥泉光

奥泉光さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

奥泉 光(おくいずみ ひかる、1956年2月6日 - )は、日本の小説家。近畿大学文芸学部教授。
山形県東田川郡三川町出身。埼玉県立川越高等学校、国際基督教大学 (ICU) 教養学部人文科学科卒。同大学院修士課程修了(博士課程中退)。当初は研究者を目指しており、研究者時代の共訳書に『古代ユダヤ社会史』(G・キッペンベルク著、教文館)がある。師は並木浩一、大塚久雄。
1986年にすばる文学賞に応募した「地の鳥天の魚群」が最終候補になり、後に「すばる」に掲載され小説家としてデビュー。1990年、『滝』が第3回三島由紀夫賞候補および第103回芥川賞候補。1993年『ノヴァーリスの引用』で野間文芸新人賞・瞠目反文学賞受賞。野間文芸新人賞は保坂和志『草の上の朝食』との同時受賞であり、対照的な作風が話題となった。1994年、『石の来歴』により芥川賞受賞。同作は英語、仏語などに翻訳刊行。1999年、近畿大学助教授に就任、現在教授。2009年『神器』で野間文芸賞受賞。2012年より芥川賞選考委員。同年、『桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』がテレビドラマ化された。2014年、『東京自叙伝』で谷崎潤一郎賞受賞。2018年、『雪の階』で毎日出版文化賞、柴田錬三郎賞受賞。

受賞歴

奥泉光関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

奥泉光関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

boobookwords音楽の清流の中に生まれ落ちた修人はそこが水の中だと気が付く前に自由に泳ぎだすだろう。だがこちらは泳ぎはおろか、えら呼吸さえまだ十分にできていないのだ。(『シューマンの指』奥泉光p185)
R_L_bot_3天才ピアニスト・永嶺修人と彼に憧れる「わたし」を軸にストーリーが進む、2010年に刊行された奥泉光の小説は?(ライ択)→シューマンの指
marupe915884@asagao_color 水上勉『雁の寺』奥泉光『石の来歴』とか。水上は直木賞、奥泉は芥川賞の受賞作だけどミステリー仕立て。暗くて、生々しくて大体あってると思います。
peb__bleクラシックを題材にした小説なら、奥泉光の『シューマンの指』の方が好みでしたわ。こっちの方がミステリーだからかな。
akutagawa_syou太平洋戦争末期、レイテで、真名瀬は石に魅せられる。戦後も、石に対する執着は異常にも思えるほど続くが、やがて、子供たちは死に弄ばれ、妻は狂気に向かう。現実と非現実が交錯する作品。芥川賞受賞作『石の来歴』奥泉光
Kawade_bungei\\本日発売!// #文藝秋季号特集2 非常時の日常 23人の2020年4月-5月緊急事態宣言下という非常時に、どんな日常を過ごし何を考えたのか。いとうせいこう@seikoito大友良英@otomojamjam奥泉光… https://t.co/2W9cIiU2Wn
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
奥泉光さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)