トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 奥泉光

奥泉光

奥泉光さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

奥泉 光|おくいずみ ひかる|1956年〈昭和31年〉2月6日 - は、日本の小説家。近畿大学文芸学部教授。
山形県東田川郡三川町出身。埼玉県立川越高等学校、国際基督教大学 (ICU) 教養学部人文科学科卒。同大学院修士課程修了(博士課程中退)。当初は研究者を目指しており、研究者時代の共訳書に『古代ユダヤ社会史』(G・キッペンベルク著、教文館)がある。師は並木浩一、大塚久雄。
1986年、すばる文学賞に応募した「地の鳥天の魚群」が最終候補になり、後に「すばる」に掲載され小説家としてデビュー。1990年、『滝』が第3回三島由紀夫賞候補および第103回芥川賞候補。1993年、『ノヴァーリスの引用』で野間文芸新人賞・瞠目反文学賞受賞。野間文芸新人賞は保坂和志『草の上の朝食』との同時受賞であり、対照的な作風が話題となった。1994年、『石の来歴』により芥川賞受賞。同作は後に英語、仏語で翻訳刊行。1999年、近畿大学助教授に就任、現在教授。2009年、『神器』で野間文芸賞受賞。2012年より芥川賞選考委員。同年、『桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』がテレビドラマ化。2014年、『東京自叙伝』で谷崎潤一郎賞受賞。2018年、『雪の階』で毎日出版文化賞、柴田錬三郎賞受賞。

受賞歴

奥泉光関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

奥泉光関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ne_ta6奥泉光氏の小説で主人公の助教授(当時)が入試改革について意見を求められて「顔で判定しましょう」と言い出す…あれギャグシーンだと思ってたんだけど割とマジだったんかな。氏の勤務先、大学パンフで燃えたトコだし…。 https://t.co/1KYrmdfio4
boobookwords人間が演奏するものはどれだって不十分なんだから。音楽はもうすでにある。それは人間が演奏するしないに関係なくもうここにある。(『シューマンの指』奥泉光p268)
R_L_bot_3天才ピアニスト・永嶺修人と彼に憧れる「わたし」を軸にストーリーが進む、2010年に刊行された奥泉光の小説は?(ライ択)→シューマンの指
satocchi120#私の好きなクラシック音楽小説シューマンの指/奥泉光(講談社文庫)シューマンの音楽が織りなすミステリー小説。「幻想曲」が、怖く聴こえるような物語。 https://t.co/3pFEyuCuFJ
otantinton木村浩の訳で『白痴』。第四篇第七章は花瓶事件。プーチンの演説は聞いてないけど公爵の長広舌を聞きながらロシア人にとってのカトリックを想像してみる。男女はもちろんエパンチン家の三姉妹まで演じ分ける音訳者の声に聞き覚えがあり、確認したら奥泉光『鳥類学者のファンタジア』と同一人物だった。
shumpusha【芳賀理彦先生(比較文学)の「わたしの3冊」】①『真昼のプリニウス』(池澤夏樹、中央公論社)②『ノヴァーリスの引用』(奥泉光、新潮社)③『母性のディストピア』(宇野常寛、集英社) https://t.co/IX9JRsqqkv
bookstore_scene|オンラインストア新入荷|古本入荷しました。音楽好きのためのブックガイド「読書夜話」と、いとうせいこうと奥泉光の両氏による、斜めから読む夏目漱石書評「漱石漫談」。https://t.co/NtlyXF3wDc https://t.co/gpA6u5o8oy
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
奥泉光さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)