トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 阿川弘之

阿川弘之

阿川弘之さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

阿川 弘之(あがわ ひろゆき、1920年(大正9年)12月24日 - 2015年(平成27年)8月3日)は、日本の小説家、評論家。
広島県名誉県民。日本芸術院会員。日本李登輝友の会名誉会長。文化勲章受章。海軍体験を基にした戦争物や私小説的作品、伝記物で知られる。代表作として『春の城』『雲の墓標』のほか、大日本帝国海軍提督を描いた3部作(海軍提督三部作)『山本五十六』『米内光政』『井上成美』などがある。
法学者の阿川尚之は長男、タレント・エッセイストの阿川佐和子は長女。
自身は『私の履歴書』では、〔私の「履歴」を一と言で記せば、「地方の平凡な中流家庭に生まれ、小学校から大学まで、ごく平坦平凡な学生生活を送り、戦争中は海軍に従軍して多少の辛酸を嘗めたが、戦後間もなく志賀直哉の推輓により文壇に登場、以来作家としてこんにちに至る」、これだけである〕と回顧している。

受賞歴

阿川弘之関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

阿川弘之関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hMN526膨大な記録文学作品を書いた阿川弘之氏は、志賀直哉に師事した。そのまんま東の東国原英夫氏はビートたけしに師事した。小松政夫さんは植木等の鞄持ち兼運転手だった。志村けんさんはいかりや長介のドリフターズに師事した。師と仰ぐ人がいるのは幸せなのかもしれない。師匠に色々なことを教わるから。
qioip_nekoこの小説はなんというか、「死ななかった」とか「死にそびれた」とか、阿川弘之的私小説世界を客観的にみたある種のケア小説(福祉小説)かな、と思った。
rFAEWKZEkGX1Xru深い敬意を込めて描かれた昭和天皇です紛失を嘆いていたら娘が贈ってくれました稀に見る名君が御在位された時代に生を受けて光栄に思います阿川弘之さんの「国を思うて何が悪い」も今こそ再読したいですね両著とも 染みます… https://t.co/5XHfvcayg6
bikasebu(タイ)1976年から情報誌『銀座百点』に連載された、向田邦子の随筆集は『父の○○○』? A詫び状(わびじょう)/(タイ)海外を鉄道で旅した際の出来事を記した、阿川弘之の紀行文は『○○阿房列車』? A南蛮(なんばん)
gei_a2_botNo.178 (タイ)「ビートたけしのTVタックル」で、ビートたけしと共に進行役を務める、作家・阿川弘之の娘は阿川○○○?⇒さわこ(佐和子)
Tw1tSLgaaWzK2Qv里(ヤフオク)襲い手に入れたベアʕ•ᴥ•ʔ阿川弘之全集1から20巻全部。で、どの段ボールの上に積む。くま達は段ボールやコンテナで積み本を作っていく。魔の遺産になるとも知らないで(´・o・`)??何か言ったかくま(ó㉨ò)… https://t.co/3YD51MSbyD
geity_qma_bot『ビートたけしのTVタックル』で、ビートたけしと共に進行役を務める、作家・阿川弘之の娘は阿川○○○?→さわこ(佐和子)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
阿川弘之さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)