トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 横山秀夫

横山秀夫

横山秀夫さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

横山 秀夫(よこやま ひでお、1957年1月17日 - )は、東京都生まれの小説家、推理作家、漫画原作者。
東京都立向丘高等学校、国際商科大学(現在の東京国際大学)商学部卒業。大学時代は躰道部に所属。1979年上毛新聞社に入社。以後12年間記者として勤務。1991年「ルパンの消息」が第9回サントリーミステリー大賞佳作を受賞したことを契機に退社。以後フリーランス・ライターとして『週刊少年マガジン』にて漫画原作(ながてゆか作画『PEAK!』など)や児童書の執筆、警備のアルバイトなどをする。1998年に「陰の季節」で第5回松本清張賞を受賞し小説家デビュー。
2002年、『半落ち』が第128回直木三十五賞候補作となる。しかし、選考委員の北方謙三が、この小説中で重要な鍵となる要素について関係機関に問い合わせたところ「現実ではありえない」との回答を得て、北方は選考会でこの回答を報告、「半落ち」は現実味に欠けると批判され落選した(受賞作なし)。また本作が各種ランキングで1位になったことに対して、選考委員・林真理子が講評の記者会見で「欠陥に気づかず賞を与えた業界も悪い」とミステリー業界を批判し、のちに雑誌で「欠陥があるのに売れ続けるなんて、読者と作者は違うということ」と読者をも批判した。目黒考二は選考委員を非難し、「直木賞にそこまで権威があるのか」と論議が起こる。横山は、ミステリー作家たちだけでなく読者までもが侮辱されたと反論し、直木賞と訣別宣言をする。選考会での意見を受けて、横山は独自に再調査をし、設定のうえで事実誤認はなかったと確信し、直木賞を主催する日本文学振興会に事実の検証を求めたが、回答がないまま『オール讀物』の選評で、「作者による誤認」という点が修正されないまま掲載され、候補者からの質問に答えようとしない主催者に『権威のもつ驕り』を感じ取った横山は、直木賞との決別を宣言した。同作品は2004年1月に映画化(佐々部清監督)され、横山は法廷記者としてエキストラ出演している。
2003年に刊行された『クライマーズ・ハイ』は、著者が記者時代に遭遇した日航機墜落事故取材の体験をまとめたもの。作中の「北関東新聞」は「上毛新聞」のことである。ただし、作中で上毛新聞は、北関東新聞の競争相手として何度か登場している。
しばらく体調を崩していたが、2012年、7年ぶりに刊行した『64』がベストセラーになり、「このミステリーがすごい!」と「週刊文春ミステリーベスト10」で1位に輝くなど完全復活した。数千枚の原稿を捨てながら作品の完成度を上げることに努力したという。

横山秀夫新刊

  • 発売日
    2018年4月2日
  • 書名
    震度0

受賞歴

横山秀夫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

横山秀夫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

shinjukujiro横山秀夫「第三の時効」読了/実によく出来た警察小説、と誉めようと思ったが、冷静に考えると、致命的なエラーがあるんだな
jump_sakusya64で横山秀夫にはまる。第三の時効が面白い。F県警ものの続きが読みたい<編集 中路>2013年 11号
su_kiriko3横山秀夫「第三の時効」、小川糸「ツバキ文具店」読了
jj84e7y8tp21e4r恋愛はやはり怖い。 男と女の関係は、 時として、 周囲の想像を遥かに 超えるトラブルを生む。 by 陰の季節[黒い線]、横山秀夫
mayas6_6仕事で絶望してて、横山秀夫さんの半落ち読み始めたら組織の中で自分の思い通りに仕事できてなくてぐぬぬとなっているおじさんばかりでてきて、少し救われる気持ちあるけど、やっぱり腹立たしい。わたしが腹を立てている対象のあれを視界に入れないで仕事しよう
emet0619【64(ロクヨン) 上 (文春文庫)/横山 秀夫】を読んだ本に追加 → https://t.co/HIHAioPxdW #bookmeter
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
横山秀夫さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)