トップページ > 公募新人賞一覧 > 横溝正史ミステリ大賞 > 2010年−第30回 横溝正史ミステリ大賞

横溝正史ミステリ大賞

2010年−第30回 横溝正史ミステリ大賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

#転送 横溝正史ミステリ&ホラー大賞

第30回—2010年(応募総数:223)

テレビ東京賞

優秀賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

横溝正史ミステリ大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.11.29 ホラー小説大賞2作品、次回から刷新

    日本ホラー小説大賞は、次回から横溝正史ミステリ大賞と統合され、「横溝正史ミステリ&ホラー大賞」へとリニューアルする。多彩な作品を生みだし、ホラーというジャンルを切りひらいてきたこの賞を締めくくる第25回は、初めて2作が大賞となった。古代エジプトの呪いにまつわる福士俊哉さん(58)の『黒いピラミッド』(KADOKAWA)と、読者賞とのダブル受賞となった秋竹サラダさん(26)の学園ホラー『祭火小夜の後悔』(同)。2作の刊行を機に、年齢も作風も対照的な2人の著者に話を聞いた。

  • 2018.4.24 日本ホラー小説大賞、2作品を発表

    第25回日本ホラー小説大賞(KADOKAWAなど主催)が24日発表され、大賞に秋竹サラダさん(26)の「魔物・ドライブ・Xデー」と福士俊哉さん(58)の「ピラミッドの怪物」に決まった。

  • 2016.12.6 【今週はこれを読め! ミステリー編】白井智之『おやすみ人面瘡』を怖いもの見たさでも読むべし!

    2014年、白井智之は食用のためにヒトのクローンが生産される世界を描いたデビュー作『人間の顔は食べづらい』を応募して横溝正史ミステリ大賞選考会場を騒然とさせた。

横溝正史ミステリ大賞関連つぶやき

iidataro0310横溝正史ミステリ大賞のネタを考えていたら別のネタ思いついてしまったではないかどうしてくれる
kawashiyu今年の横溝正史ミステリ大賞に応募したらもうやめよ
hello_allow@GKB8g0yh4JT1kln いや、あさひさんの実物は見たことは無いですが、判断するまでもなく美人に決まっていますね。それは横溝正史ミステリ大賞でも赤塚賞でも日本レコード大賞でもショパン国際ピアノコンクールでも認められているコトなので、明らかな事実だと思います。
to_klow横溝正史ミステリ&ホラー大賞に応募するため、短編をカクヨムにアップしました。短編の連作でもOKらしいので。ええいままよ、という感じです。なんとかなれ。歪んだ町 - 『踊り場に棲む話』 - カクヨム https://t.co/l9eTS79Abp
unmeiyorimo2【夕暮れ密室/村崎 友】横溝正史ミステリ大賞落選作!の帯にそそられて(笑)落選作という事で期待をせずに読み始める、人気のあった女子マネが部活棟とシャワールームで死体となって発見される!登場人物も内容も青春色がよく出て... →… https://t.co/9B1LfBGWRl
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)