トップページ > 公募新人賞一覧 > 文藝賞 > 1984年−第21回 文藝賞

文藝賞

1984年−第21回 文藝賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

文藝賞(ぶんげいしょう)は、1962年し、以降年1回発表されている。

第21回—1984年

受賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

文藝賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

文藝賞関連つぶやき

nimone8nこの雑誌で寄稿している人間たちは単純明快に言えば阿保ばかりで。小川榮太郎、文芸評論家と名乗っているが、未だかつて群像、新潮、文学界、文藝で小説や作家批評を書いたものを目にしたことが無いのだが。安部氏の持ち上げ本を書き、フジサ… https://t.co/GQ83Kfa8LH
yurubngkbot文藝賞1962年に創設された文学賞で、河出書房新社が主催し、以降年1回発表されている。河出書房新社は同賞を小説ジャンルにおける「新人の登竜門」と位置づけて未発表の小説原稿を募集している。1962年(S37)~現在
dlo9L6v1teYwpG2ストーリー重視で小説作りを考えていたんだけど、2019文藝賞の選評よんで、自分の小説でしか出会えない言葉が最重要でそこを浮き上がらせるためのストーリーというように考え方をかえた。
yuki_yuka777人生を焦らない。絶対に無理はしない。現実的な目標として、2024年度に東大文三に合格することと、2022年12月末締切の文藝賞(短編)に小説を応募することを自分に誓う。本すらまともに読めなくなった自分の傷ついたメンタルを、きちんと専門家の力を借りながら、ゆっくりケアする。
ShimotsukiLibra【出版社・シリーズ: 河出書房】文藝賞を主宰する出版社。濃い目の文芸作品を中心に評論・思想書(河出ブックス)も扱う人文性の強い出版社。霜月凛に縁深い作家である澁澤龍彦の多くの図書はここから刊行された。この他、フーコーの入門に当たる… https://t.co/ceoWUEXAdl
umudouzeneiyowotoro: 【文藝学校】本校からは直木賞作家・芥川賞候補作家など新人賞や文芸賞を受賞して活躍している作家や詩人が輩出しています。https://t.co/q8WL8417FV
eiyowotoro【文藝学校】本校からは直木賞作家・芥川賞候補作家など新人賞や文芸賞を受賞して活躍している作家や詩人が輩出しています。https://t.co/u0SzWqjhof
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)