トップページ > 公募新人賞一覧 > 文藝賞 > 2001年−第38回 文藝賞

文藝賞

2001年−第38回 文藝賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

文藝賞(ぶんげいしょう)は、1962年し、以降年1回発表されている。

第38回—2001年

参考情報:結果/選評

受賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

文藝賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.11.24 作家の読書道 第200回:白岩玄さん

    『野ブタ。をプロデュース』で鮮烈なデビューを飾り、その後着実に歩みを続け、最近では男性側の生きづらさとその本音を書いた『たてがみを捨てたライオンたち』が話題に。そんな白岩さん、実は少年時代はほとんど小説を読まず、作家になることは考えていなかったとか。そんな彼の心を動かした小説、そして作家になったきっかけとは?

  • 2018.9.3 河出書房新社、第55回「文藝賞」受賞作2作に

    8月23日、東京・千代田区の山の上ホテルで第55回「文藝賞」の選考会を開き、日上秀之「はんぷくするもの」、山野辺太郎「いつか深い穴に落ちるまで」の2作を受賞作に選んだ。

  • 2017.12.20 第156回芥川賞・直木賞の候補作決まる

    日本文学振興会が12月20日、発表した。芥川賞候補には第54回文藝賞を受賞した若竹千佐子氏の初小説「おらおらでひとりいぐも」、直木賞候補には人気バンド「SEKAI NO OWARI」で、ピアノやライブの演出などを担当している藤崎彩織氏の『ふたご』が入った。選考会は来年1月16日、東京・中央区の料亭「新喜楽」で行い、同日受賞者の記者会見が開かれる。候補作は次の通り。

文藝賞関連つぶやき

vampirechan9【電子版頒布開始】2018年の文学賞受賞作8作のレビュー+批評/小説を収録した『私的文藝年鑑』のPDFおよびepub形式の電子版を配信開始しました。121ページ500円です。https://t.co/WIFwllAApB#bunfree #文フリ東京 #文学フリマ東京
yurubngkbot文藝賞1962年に創設された文学賞で、河出書房新社が主催し、以降年1回発表されている。河出書房新社は同賞を小説ジャンルにおける「新人の登竜門」と位置づけて未発表の小説原稿を募集している。1962年(S37)~現在
s_inuoご無沙汰です。今日文フリおります。第44回文藝賞一次通過作「楽園」本にしたので持っていきます。 https://t.co/bqIYQ6ok0m
umudouzen【文藝学校】本校からは直木賞作家・芥川賞候補作家など新人賞や文芸賞を受賞して活躍している作家や詩人が輩出しています。https://t.co/q8WL84iaHV
Denshisyosekiad若竹千佐子 おらおらでひとりいぐも https://t.co/2ZFgd2evPB 74歳、ひとり暮らしの桃子さん。夫に死なれ、子どもとは疎遠。新たな「老いの境地」を描いた感動作!圧倒的自由!賑やかな孤独!63歳・史上最年長受賞、渾身のデビュー作!第54回文藝賞受賞作。
JMq2Kd8klmSK3Ep多喜ふありさんのけちゃっぷを読んだ死を考えたときに迫ってくるあのなんとも言えない感情をわちゃーで表現しているところにおぉ…と思った読書が苦手な人向けなのかもしれないとりあえず文藝賞はおめでとうございます(10年ほど前)
kuwa_hon今年の文藝賞受賞作品、宮古市在住の作家日上秀之さん著の「はんぷくするもの」を読み終えました。私自身仮設商店街で7年近く小さな書店を営んでいましたので共感を覚える点がたくさんありました。昨年の受賞者で釜石南高校卒の若竹千佐子さんに続いて芥川賞を受賞できるかな?
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)