トップページ > 公募新人賞一覧 > 文藝賞 > 1989年−第26回 文藝賞

文藝賞

1989年−第26回 文藝賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

文藝賞(ぶんげいしょう)は、1962年し、以降年1回発表されている。

第26回—1989年

受賞

受賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

文藝賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

文藝賞関連つぶやき

NiiXM6smHrlOvNn文藝賞短編用のを書こうと久々に(PC新調して以来)wordを開いたら、なろう創始以前にwordで書いてた昔の作品が一覧で表示されて、ぐえーってなってる……
ShimotsukiLibra【出版社・シリーズ: 河出書房】文藝賞を主宰する出版社。濃い目の文芸作品を中心に評論・思想書(河出ブックス)も扱う人文性の強い出版社。霜月凛に縁深い作家である澁澤龍彦の多くの図書はここから刊行された。この他、フーコーの入門に当たる… https://t.co/t0chBB64Dh
umudouzen【文藝学校】本校からは直木賞作家・芥川賞候補作家など新人賞や文芸賞を受賞して活躍している作家や詩人が輩出しています。https://t.co/q8WL84iaHV
hUfDIPfSm8swI41文学賞の選考委員をまじめにしたら自分の勉強ができなくなる。遊びもね。まあ作家には遊びが勉強なんだけど。河出の文藝賞とかある程度、性別と年齢で切っていると思う。つまり、誰にも読まれず捨てられているはず。商売なんだから、それはね。派遣でよくあったのは、これ女性限定なんですよ。
yurubngkbot文藝賞1962年に創設された文学賞で、河出書房新社が主催し、以降年1回発表されている。河出書房新社は同賞を小説ジャンルにおける「新人の登竜門」と位置づけて未発表の小説原稿を募集している。1962年(S37)~現在
IIDAMASAT0綿矢りさ『嫌いなら呼ぶなよ』、著者名を隠してよましても文藝賞のひとだってわかるようなきがする
Beniyama_Shin文藝賞ですかぁ…。書き上げる自信はないですけど、予習はしてみようと思います。あと佐々木丸美さんの「雪の断章」があまりにも良すぎたので、他作品が読みたいですね。あとゴブリンスレイヤーの続きが読みたい。
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)