トップページ > 公募新人賞一覧 > 文學界新人賞 > 2000年−第90回 文學界新人賞

文學界新人賞

2000年−第90回 文學界新人賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

文學界新人賞(ぶんがくかいしんじんしょう)は、 文藝春秋が発行する文芸雑誌『文學界』の公募新人賞である。年に1度募集され、受賞作は『文學界』5月号に掲載される。受賞者には賞金50万円と記念品が与えられる。規定枚数が400字詰原稿用紙で70 - 150枚と、他の純文学系文芸誌が主催する新人文学賞と比べて短めであることが特徴的である。毎年9月末日が締切日。ウェブサイトでの応募も受け付けている。
純文学系の新人賞には他に、群像新人文学賞、新潮新人賞、すばる文学賞、文藝賞、太宰治賞などがある。

第90回—2000年

文學界新人賞

  • 該当なし

辻原登奨励賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

文學界新人賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

文學界新人賞関連つぶやき

barairo831シェア加藤秀行#読了2015文學界新人賞受賞作&芥川賞候補作の二本立て。民泊だったり主夫だったり設定が新鮮。いわゆる勝ち組な若者の日常を淡々と描く。焦燥に駆られるわけではないが何も成し遂げていない虚無感が全体を包む… https://t.co/3NAeRlQaOK
tomaru0614とってぃーは文學界新人賞
waremokouko1↓「てくり」初登場、なんと「影裏」沼田さんとの対談なのです 文學界新人賞の出身作家同士
paradeppress五大文芸誌の新人賞とは??フレッシュな才能が評価される「文藝賞」河出書房新社芥川賞を多く輩出する「文學界新人賞」文藝春秋社賞金が高額でエンタメ寄りの「すばる文学賞」集英社実力派が評価される「新潮新人賞」新潮社W村上を輩出… https://t.co/aW6ZEudYpc
cicada3301_kig@kig39 「包まれて生きる」という小説を純文学のていで執筆して文學界新人賞に投稿してしまうくらいには大好きです
dokushosalon【中編】吉田修一著『最後の息子』新宿のバーで働く閻魔ちゃんと同棲しながら、ガールフレンドとの関係も続けている、ぼく。ビデオ日記の記録をめぐりながら、青春の日々を描く。第84回文學界新人賞受賞の表題作ほか2編。 https://t.co/kLK2lrqy3Q
AKUTAGAWA_2018【苦行、完結。】カラオケ屋のフリータイムを経た15時間連続朗読の末、カラマーゾフの兄弟(新潮文庫)全1940ページを計5日間48時間6分掛け朗読完了!虚體ペンギンさん(@Man_with_a_MC)の参加に感謝。喉痛い。朗読… https://t.co/c59gtPFBpN
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)