トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊坂幸太郎 > チルドレン

チルドレン(伊坂幸太郎)

チルドレン(著者:伊坂幸太郎)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:チルドレン
  • 著者:伊坂 幸太郎
  • ページ数:294
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4062124424
  • ISBN-13:9784062124423

伊坂幸太郎新刊

  • 発売日
    2018年11月8日
  • 書名
    フーガはユーガ
  • 発売日
    2018年9月12日
  • 書名
    陽気なギャングは三つ数えろ (祥伝社文庫)

チルドレン関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2016.5.13 【インタビュー】伊坂幸太郎、12年ぶり"復活"の本音

    『チルドレン』から、12年。 家裁調査官・陣内と武藤が出会う、新たな「少年」たちと、罪と罰の物語──『サブマリン』が刊行された。 執筆に至った経緯と小説家・伊坂幸太郎の今を、著書『ニッポンの文学』で伊坂幸太郎を「他に似た者のいない独自のポジションに立っている作家」と評した批評家・佐々木敦がきく。

  • 2013.3.25 【エンタメ小説】人生を「美」に捧げる男女

    昨年の江戸川乱歩賞を巡っては議論もあった。SFで実績のあるベテラン、高野史緒(ふみお)さんが、ステップアップを狙っての応募で、ミステリーの登竜門的新人賞をさらってしまったからだ。

  • 2010.6.20 伊坂幸太郎インタビュー "恰好悪いけど恰好いい"という感じのものが好きなんです

    頭の中で念じたことを、他人に言わせることができる――そんな奇妙な超能力を手に入れた主人公・安藤。折りしも政界ではムッソリーニを彷彿させる犬養が台頭しはじめていた。今や押しも押されぬ人気作家である伊坂幸太郎さんの新刊は、超能力者VSファシズム政治の対決を描いた『魔王』。「今までの伊坂さんとちがう」と話題の作品について、お話をうかがいました!

伊坂幸太郎のその他受賞歴(候補含む)

チルドレン関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

7IOxLPGSCwUxNzj伊坂幸太郎の「チルドレン」が家裁調査官という職に興味を持った直接的なきっかけですが、「告白」などの映画を撮った中島哲也監督の影響も少なからずあります。嫌われ松子、下妻物語、渇きなど中島監督の撮る映画では、子供がどんなふうに… https://t.co/Ce5oJnzstW
amabile1988「彼女いないんだったら、紹介しようか?十歳年上のおばさん」「後学のために?」(チルドレン/伊坂幸太郎)
15sora30おすすめ本『チルドレン』伊坂幸太郎https://t.co/wxiuLPWPdM読書記録⇒https://t.co/NDzzQXkD0J
xxx_bruder@chu___113 ありがとうございます!伊坂幸太郎のチルドレンが好きです。
muratyan79「チルドレン」伊坂幸太郎著(講談社文庫)本書のお話しは、すべて陣内たちの青春小説のように始まるのですが、それぞれ練られた謎解きが用意されています。その謎解きの中に「人間」が鮮やかに描かれ、一種の成長譚のような作品です。 https://t.co/NF2XNf5jBZ
Y552020@kasi_yu1030 わたしもです!チルドレンは初期伊坂の醍醐味がこれだけで楽しめるくらいいい出来ですよね…はやく文庫にしてほしいですよね〜さいきん伊坂幸太郎ご無沙汰だったのですがKASIYUさんとお話してまた読みたくなってきました✨
yskmomo210伊坂幸太郎好きでだいたい読んだんだけどどんな話しだったから忘れたから再読中チルドレンから
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)