トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊坂幸太郎 > 終末のフール

終末のフール(伊坂幸太郎)

終末のフール(著者:伊坂幸太郎)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:終末のフール
  • 著者:伊坂 幸太郎
  • ページ数:304
  • 出版社:集英社
  • ISBN-10:4087748030
  • ISBN-13:9784087748031

伊坂幸太郎新刊

  • 発売日
    2018年11月8日
  • 書名
    フーガはユーガ
  • 発売日
    2018年9月12日
  • 書名
    陽気なギャングは三つ数えろ (祥伝社文庫)

終末のフール関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.10.11 本好きにうってつけ! 「朗読ダイエット」とは?

    巷に氾濫する、さまざまなダイエットの数々。バリエーションが豊富な分、「運動したくない」「食事制限したくない」とワガママは増えていくばかり。しかし、そんななか最近登場したのが、本好きにはたまらない「朗読ダイエット」。「読むだけでやせる」というなんともオイシイ、このダイエット法。提唱者は、作家・ミュージシャンのドリアン助川だ。

  • 2007.6.13 第24回 作家 伊坂幸太郎さん - Frill me, Thrill me! インタビュー

    手作り感を残した仕上がりは自分の作品世界と通じる気がする  リズミカルに展開し、ときに読み手を裏切るストーリーのおもしろさ。一風変っているけれど魅力的なキャラクターたちと、彼らが交わすウィットに富んだ会話。爽快だがどこかザラリとした感触の残る読後感。多くの人を惹き付ける、作家・伊坂幸太郎さんの世界。そんな伊坂さんの著作『アヒルと鴨のコインロッカー』が映画化された。

  • 2006.3.24 伊坂幸太郎「終末のフール」インタビュー

    隕石が落ちてきて、人類は滅亡する……。『陽気なギャングが地球を回す』が映画化され、『死神の精度』『重力ピエロ』『アヒルと鴨のコインロッカー』などの作品で多くの読者を魅了する伊坂幸太郎。彼の最新作は、"地球に隕石が落ちてくる"という、どこかの映画やアニメで見たことがあるような設定で描かれる。

伊坂幸太郎のその他受賞歴(候補含む)

終末のフール関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

onthepaper_bot自殺なんてしたら、ぶっ殺すからな (終末のフール 伊坂幸太郎)
seikyolibraria【ビブリオバトル本】阿川大樹『終電の神様』実業之日本社文庫、伊坂幸太郎『終末のフール』集英社、アントニオ・バーバー『まほうつかいのむすめ』ほるぷ出版、七尾与史『バリ3探偵圏内ちゃん』新潮文庫⇨貸出中 https://t.co/J2AUUJLVTS
LovingWordsBot「明日死ぬとしたら、生き方が変わるんですか?」…「あなたの今の生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なんですか?」終末のフール/伊坂幸太郎
chitekimote明日死ぬとしたら、生き方が変わるのか。 あなたの今の生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なんですか。by 伊坂幸太郎「終末のフール」
iyashinomeigen明日死ぬとしたら、生き方が変わるんですか?あなたの今の生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なんですか?(終末のフール、伊坂幸太郎)
mi_ri_n_rinrin伊坂幸太郎『終末のフール』8年後小惑星の衝突により地球は滅亡する。逃れられない死を前に人々はどう生きるか。そんな普遍的な問題を投げかける物語。家族や友達の理不尽な死を受け入れ前に進んでいる登場人物達が印象的。「死に物狂いで生きるのは、権利じゃなくて、義務だ」#読書録
ioiokio07Today is the first day of the rest of your life. -今日という日は残された日々の最初の一日。 (伊坂幸太郎 終末のフール)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)