トップページ > 公募ではない賞一覧 > 野間文芸賞 > 歴代受賞情報一覧

野間文芸賞

野間文芸賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

野間文芸賞(のまぶんげいしょう)は講談社初代社長、野間清治の遺志により設立された財団法人野間文化財団が主催する文学賞。純文学の小説家・評論家に授与される。野間三賞のうちの一つ。

第65回2012年

受賞

第64回2011年

受賞

第63回2010年

受賞

第62回2009年

第61回2008年

受賞

第60回2007年

受賞

第59回2006年

受賞

第58回2005年

受賞

第57回2004年

受賞

第56回2003年

受賞

第55回2002年

受賞

第54回2001年

受賞

第53回2000年

第52回1999年

第51回1998年

受賞

第50回1997年

受賞

第49回1996年

受賞

第48回1995年

受賞

  • 該当なし

第47回1994年

受賞

受賞

第46回1993年

受賞

第45回1992年

受賞

第44回1991年

第43回1990年

受賞

第42回1989年

受賞

第41回1988年

受賞

第40回1987年

受賞

第39回1986年

受賞

受賞

第38回1985年

受賞

受賞

第37回1984年

受賞

  • 該当なし

第36回1983年

受賞

第35回1982年

受賞

第34回1981年

受賞

第33回1980年

受賞

第32回1979年

受賞

第31回1978年

受賞

第30回1977年

受賞

第29回1976年

受賞

受賞

第28回1975年

受賞

受賞

第27回1974年

受賞

第26回1973年

第25回1972年

受賞

第24回1971年

受賞

第23回1970年

受賞

第22回1969年

受賞

第21回1968年

受賞

第20回1967年

受賞

受賞

第19回1966年

受賞

第18回1965年

受賞

第17回1964年

受賞

受賞

第16回1963年

受賞

第15回1962年

受賞

第14回1961年

受賞

第13回1960年

受賞

受賞

第12回1959年

第11回1958年

受賞

第10回1957年

受賞

受賞

第9回1956年

受賞

第8回1955年

受賞

  • 該当なし

第7回1954年

受賞

第6回1953年

受賞

第5回1946年

第4回1944年

受賞

  • 該当なし

第3回1943年

第2回1942年

受賞

  • 該当なし

第1回1941年

野間文芸賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.11.7 野間4賞、「文芸賞」は松浦寿輝『人外』に

    野間文化財団が11月6日に発表。第72回「野間文芸賞」に、松浦寿輝『人外』(講談社)、第41回「野間文芸新人賞」に、古谷田奈月『神前酔狂宴』(河出書房新社)と千葉雅也『デッドライン』(「新潮」2019年9月号)、第57回「野間児童文芸賞」に戸森しるこ『ゆかいな床井くん』(講談社)を選出した。

  • 2017.11.10 野間文芸賞:高村薫さん「土の記」が受賞

    第70回野間文芸賞(野間文化財団主催)が10日、高村薫さん(64)の「土の記」(新潮社)に決まった。

  • 2017.3.1 作家の林京子さん死去 原爆文学の傑作「祭りの場」

    「祭りの場」をはじめ、原爆文学の傑作を世に送り出し、「8月9日の語り部」とも呼ばれた作家の林京子(はやし・きょうこ、本名宮崎京子〈みやざき・きょうこ〉)さんが2月19日、死去した。86歳だった。葬儀は近親者で行った。

野間文芸賞関連つぶやき

choubunsha著者は、広島在住の作家・中澤晶子さん。『ジグソーステーション』で野間児童文芸新人賞を受賞後、多数の作品を発表してきました。本書は、広島を訪れる修学旅行生との20年以上に渡る交流から執筆した、著者渾身の新作です。
yurubngkbot野間文芸賞講談社初代社長、野間清治の遺志により設立された財団法人野間文化財団が主催する文学賞。純文学の小説家・評論家に授与される。野間三賞のうちの一つ。1941年(S16)~現在
raisen_bot2_qmaNo.84 次の1980年代に野間文芸賞を受賞した作家と受賞作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒小島信夫―別れる理由、丹羽文雄―蓮如、森敦―われ逝くもののごとく
teamgallaghersちなみに作家の賞というのは大体キャリア毎に分かれてる印象があります。芥川賞卒業して中堅になって長編とか描いてると谷崎潤一郎賞の対象になったり、講談社に貢献する(?)と野間文芸賞貰えたり。で、全世代の作家が殴り合い出来ることになってるのが短編のみを対象にした川端康成賞です。
raisen_bot_qmaNo.593 次の1980年代に野間文芸賞を受賞した作家と受賞作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒遠藤周作―侍、丹羽文雄―蓮如、島尾敏雄―魚雷艇学生
qma_pr_bot次の村上春樹の小説と受賞した文学賞の正しい組み合わせを選びなさい(ライ線)ねじまき鳥クロニクル-読売文学賞  羊をめぐる冒険-野間文芸新人賞  風の歌を聴け-群像新人文学賞
kodanshabunko【6/24 #UFOの日】角田光代著『まどろむ夜のUFO』私の知らない「彼女」に夢中な高校生の弟タカシ。弟の怪しい友人。妙に几帳面な私のボーイフレンド。奇妙な男に囲まれ、過ぎていく夏――。心の底のリアルな感覚を描く中編作品集。野間… https://t.co/Hni2zHmFZg
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)