トップページ > 公募ではない賞一覧 > 芥川龍之介賞(芥川賞) > 歴代受賞情報一覧

芥川龍之介賞(芥川賞)

芥川龍之介賞(芥川賞)の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

芥川龍之介賞(あくたがわりゅうのすけしょう)、通称芥川賞は、純文学の新人に与えられる文学賞である。文藝春秋社内の日本文学振興会によって選考が行われ、賞が授与される。

第148回2013年

受賞

候補

候補

候補

第147回2012年

受賞

候補

候補

候補

候補

第146回2012年

受賞

受賞

候補

候補

候補

第145回2011年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第144回2011年

受賞

受賞

候補

候補

候補

第143回2010年

受賞

候補

候補

第142回2010年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

第141回2009年

受賞

候補

候補

候補

第140回2009年

候補

候補

候補

候補

第139回2008年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第138回2008年

受賞

候補

候補

候補

候補

第137回2007年

第136回2007年

受賞

候補

候補

候補

候補

第135回2006年

第134回2006年

受賞

候補

候補

第133回2005年

受賞

候補

候補

候補

候補

第132回2005年

候補

候補

候補

第131回2004年

受賞

候補

候補

候補

候補

第130回2004年

受賞

受賞

候補

候補

第129回2003年

受賞

候補

候補

候補

第128回2003年

候補

候補

候補

候補

第127回2002年

受賞

候補

候補

候補

候補

第126回2002年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第125回2001年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第124回2001年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

第123回2000年

受賞

受賞

候補

候補

候補

第122回2000年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

第121回1999年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第120回1999年

受賞

候補

候補

候補

第119回1998年

候補

候補

第118回1998年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

第117回1997年

受賞

候補

候補

候補

候補

第116回1997年

受賞

受賞

候補

候補

候補

第115回1996年

受賞

候補

候補

候補

候補

第114回1996年

受賞

候補

候補

候補

候補

第113回1995年

受賞

候補

候補

候補

候補

第112回1995年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

第111回1994年

候補

候補

候補

候補

第110回1994年

第109回1993年

受賞

候補

候補

候補

候補

第108回1993年

受賞

候補

候補

候補

候補

第107回1992年

受賞

候補

候補

候補

候補

第106回1992年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第105回1991年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

第104回1991年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第103回1990年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第102回1990年

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第101回1989年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

第100回1989年

受賞

候補

候補

第99回1988年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第98回1988年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第97回1987年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第96回1987年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第95回1986年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第94回1986年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第93回1985年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

第92回1985年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第91回1984年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

第90回1984年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第89回1983年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第88回1983年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第87回1982年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第86回1982年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第85回1981年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第84回1981年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第83回1980年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第82回1980年

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第81回1979年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第80回1979年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第79回1978年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第78回1978年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第77回1977年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第76回1977年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第75回1976年

候補

候補

候補

候補

候補

候補

芥川賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.7.15 芥川賞に高山羽根子さんと遠野遥さん 直木賞に馳星周さん

    第163回芥川賞と直木賞の選考会が15日開かれ、芥川賞は高山羽根子さんの「首里の馬」と遠野遥さんの「破局」の2つの作品が選ばれました。また、直木賞は馳星周さんの「少年と犬」が選ばれました。

  • 2020.6.27 作家の読書道 第218回:藤野可織さん

    不穏な世界を時に美しい言葉で、時に奇想を炸裂させた設定で描き出す藤野可織さん。2013年には『爪と目』で芥川賞を受賞、最近では女性2人が破滅に向かう世界で活き活きと冒険する『ピエタとトランジ<完全版>』が評判に。この世界観を生み出す背景に、どんな読書遍歴があったのでしょう? 小説だけでなく、影響を受けた漫画や好きな映画や俳優についてもたっぷり教えてくださいました。

  • 2020.6.16 第163回 芥川賞 直木賞 候補作決まる

    第163回芥川賞と直木賞の候補作が発表されました。それぞれ5人の作品が選ばれ、芥川賞は4人が初めて候補になったほか、直木賞は馳星周さんが7回目の候補となりました。

芥川龍之介賞(芥川賞)関連つぶやき

mf5644みんなからの匿名質問を募集中!こんな質問に答えてるよ● 親友は誰ですか?…● イニシャルだけでも…● 今年の芥川賞誰だと思いますか…● 恋愛相談がいっぱいあって楽しそ…#質問箱 #匿名質問募集中https://t.co/7I5GWWFm9F
kuzururu_ia@Kutinawa_VGamer ほんと?るる芥川賞めざそうかないっぱいほんだしちゃおかな
uw555cfc気になる。要チェック!芥川賞作家・又吉直樹による恋愛エッセイを、気鋭の劇作家・玉田真也が映画化!「僕の好きな女の... @motiongallery https://t.co/Z7evoX7SHn
akutagawa_syouサンフランシスコのアトリエにいる彫刻家を責め立てる、日本の妻からの長い国際電話。彫刻家の前には二人の白人女性が…。卓越したシチュエーションと透明なサスペンスで第七十七回芥川賞に輝いた表題作ほか二篇を含む、衝撃の愛と性の作品集。芥川賞受賞作『エーゲ海に捧ぐ』池田満寿夫
roumanha7文学的教養に依つてその敏感さは精錬されたりするかも知れないが、敏感性そのものは断じて文学的なものぢやない。生活上の現実感覚なのだ。芥川賞/小林秀雄
W39hm4Kfuw9GoUc『首里の馬』高山羽根子。芥川賞受賞作。島での中の物語。仕事でいろんな国の人達と交流があり、不思議な仕事なんだけど、こんな仕事もいいもんだなぁ〜と、無職の私は単純に感じました。資料館も謎ばかりで興味がわきました。馬ももちろん出てきますよ。
botSakagutiAngo文学上の大傑作は「トマサンの一生」と同じように実に目のとどかない作品であるが、現世の人情に盲いて目がとどかないのではなくて、技法によって百千のかゆいところを黙殺しているだけの相違である。『我が人生観(七)芥川賞殺人犯人』オンデマンド(ペーパーバック)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)